2019年03月26日 05時00分 公開
特集/連載

費用対効果から考える 音声テクノロジーはビジネスにどう役立つのかユニファイドコミュニケーション分野で期待

音声テクノロジーをビジネスにつなげるには、現状のユースケースを理解しておく必要がある。音声テクノロジーを職場で活用するときのユースケースを紹介する。

[Jon Arnold,TechTarget]
photo

 音声テクノロジーをビジネスに利用することと、他のテクノロジーを導入することは変わらない。導入によって解決したい課題を明確に定めることが必要だ。同時に、導入によって得られる具体的なメリットも必要になる。ROI(投資利益率)を高めるようなメリットが理想だ。ただし音声テクノロジーには、投資を難しくする特有の課題がある。

 コンタクトセンターでは、音声テクノロジーを自動音声応答(IVR)に使用する。IVRを使い業務を自動化することで、エージェントは付加価値の高い問い合わせに力を注ぐことができるようになる。コンタクトセンター全体としても、対応できる問い合わせ数が増え、コスト効率を高めることもできる。ただしこうした機能は、IVRではなくチャットbotの形で提供されるよう変わってきている。

ユニファイドコミュニケーションと音声認識の関係

ITmedia マーケティング新着記事

news089.png

中小企業のDX支援へ「HubSpot CRM」と「Eight 企業向けプレミアム」が機能連携
名刺情報をコンタクト情報と同期させることでユーザー企業は社員が個別に蓄積してきた名...

news065.jpg

「E-Waste」最新事情 国民一人当たりで最も多くの電子廃棄物を排出しているのは?
マーケターの頭の片隅を刺激するトピックをインフォグラフィックスで紹介。

news154.jpg

「不祥事によって購入・利用意向が下がる」 回答者の6割以上――ネオマーケティング調査
20〜69歳の男女1000人に聞いた、広報のリスク管理に関する調査の結果です。