2017年12月19日 08時00分 公開
特集/連載

大手のAIサービスは画像認識や音声認識の次のレベルへAIサービス競争はこれから本格化

ACCAのトルーデル会長は、AIがクラウドコンピューティングのキラーアプリになると考えている。同氏は各社の取り組み、そして今後のAIサービスの動向をどのように予想しているのか?

[Aaron Tan,Computer Weekly]
Computer Weekly

 Asia Cloud Computing Association(ACCA)のバーニー・トルーデル会長は、2017年10月中旬にシンガポールで開催されたカンファレンス「Cloud Expo Asia」の講演で、現在のクラウドコンピューティングのグローバル市場で人工知能(AI)が占める割合は1%にすぎないが、IT市場全体で見ればその成長は52%に上ると語った。

Computer Weekly日本語版 12月6日号無料ダウンロード

本記事は、プレミアムコンテンツ「Computer Weekly日本語版 12月6日号」(PDF)掲載記事の抄訳版です。本記事の全文は、同プレミアムコンテンツで読むことができます。

なお、同コンテンツのEPUB版およびKindle(MOBI)版も提供しています。

ボタンボタン

 「AIがクラウドコンピューティングに非常に大きな影響を及ぼしていると考え始めている。アナリストの話から推定すると、AIは急成長しており、2025年までにはクラウド収益の10%がAIによってもたらされると予測される」(トルーデル氏)

 Amazon Web Services(AWS)、Microsoft、Google、IBMなどの大手クラウドサプライヤーは既にAI機能を提供しているものの、クラウドベースのAIサービス市場はまだ成熟していないというのがトルーデル氏の見解だ。

 「AWSがクラウドコンピューティング市場をリードしているのは明らかだ。だが、同社はAI分野では後発で、巻き返しを図ろうとしている」と同氏は言う。その例が、AWSによるインテリジェントアシスタント「Amazon Alexa」や、自然言語処理用の「Amazon Lex」、音声テキスト変換処理用の「Amazon Polly」、画像認識と顔分析用の「Amazon Rekognition」などのAPIの提供だという。

 トルーデル氏は、AWSのAIへの取り組みが興味深いと話す。AWSはAIを利用して「TensorFlow」や「MXNet」などのオープンソース機械学習フレームワークから、さまざまなデータの処理に最適なフレームワークを企業が簡単に判断できるようにしている。

 AWSは、長年のWeb検索から収集した数P(ペタ)Bに上るデータを含む「Common Crawl」などのデータセットも一般公開している。

 Netflixという巨大顧客を持つAWSは、顧客が利用できる一連のNetflix関連のアプリケーションやツールも公開している。

 一方、Googleをはじめ他のクラウドプロバイダーも手をこまねいているわけではない。

ITmedia マーケティング新着記事

news155.jpg

「エシカル」に積極的な企業は「良い印象」が9割以上――トレンダーズ調査
今後ますます注目が集まると考えられる「エシカル消費」。年代や性別ごとの意識の違いや...

news157.jpg

国内コネクテッドテレビ広告市場、2020年は102億円規模に――SMNとデジタルインファクト調査
テレビ同様の視聴体験を提供しつつインターネット広告同様に計測可能な国内コネクテッド...

news127.jpg

GAFAの序列変動やSpotify、Zoomなどの動向に注目 「Best Global Brands 2020」
世界のブランド価値評価ランキング。Appleは8年連続1位で前年2位のGoogleは4位に後退しま...