2017年12月19日 08時00分 公開
特集/連載

大手のAIサービスは画像認識や音声認識の次のレベルへAIサービス競争はこれから本格化

ACCAのトルーデル会長は、AIがクラウドコンピューティングのキラーアプリになると考えている。同氏は各社の取り組み、そして今後のAIサービスの動向をどのように予想しているのか?

[Aaron Tan,Computer Weekly]
Computer Weekly

 Asia Cloud Computing Association(ACCA)のバーニー・トルーデル会長は、2017年10月中旬にシンガポールで開催されたカンファレンス「Cloud Expo Asia」の講演で、現在のクラウドコンピューティングのグローバル市場で人工知能(AI)が占める割合は1%にすぎないが、IT市場全体で見ればその成長は52%に上ると語った。

Computer Weekly日本語版 12月6日号無料ダウンロード

本記事は、プレミアムコンテンツ「Computer Weekly日本語版 12月6日号」(PDF)掲載記事の抄訳版です。本記事の全文は、同プレミアムコンテンツで読むことができます。

なお、同コンテンツのEPUB版およびKindle(MOBI)版も提供しています。

ボタンボタン

 「AIがクラウドコンピューティングに非常に大きな影響を及ぼしていると考え始めている。アナリストの話から推定すると、AIは急成長しており、2025年までにはクラウド収益の10%がAIによってもたらされると予測される」(トルーデル氏)

 Amazon Web Services(AWS)、Microsoft、Google、IBMなどの大手クラウドサプライヤーは既にAI機能を提供しているものの、クラウドベースのAIサービス市場はまだ成熟していないというのがトルーデル氏の見解だ。

 「AWSがクラウドコンピューティング市場をリードしているのは明らかだ。だが、同社はAI分野では後発で、巻き返しを図ろうとしている」と同氏は言う。その例が、AWSによるインテリジェントアシスタント「Amazon Alexa」や、自然言語処理用の「Amazon Lex」、音声テキスト変換処理用の「Amazon Polly」、画像認識と顔分析用の「Amazon Rekognition」などのAPIの提供だという。

 トルーデル氏は、AWSのAIへの取り組みが興味深いと話す。AWSはAIを利用して「TensorFlow」や「MXNet」などのオープンソース機械学習フレームワークから、さまざまなデータの処理に最適なフレームワークを企業が簡単に判断できるようにしている。

 AWSは、長年のWeb検索から収集した数P(ペタ)Bに上るデータを含む「Common Crawl」などのデータセットも一般公開している。

 Netflixという巨大顧客を持つAWSは、顧客が利用できる一連のNetflix関連のアプリケーションやツールも公開している。

 一方、Googleをはじめ他のクラウドプロバイダーも手をこまねいているわけではない。

ITmedia マーケティング新着記事

news161.jpg

コロナ禍で縮小したマーケティング施策 1位は「オフラインのセミナー/展示会」――ベーシック調査
B2Bマーケターを対象にした調査で8割以上が「コロナ禍で実施/検討しているマーケティン...

news110.jpg

メルカリ調査 フリマアプリで売れる価格は新品の購買意思決定にどれほど影響する?
フリマプリ出品経験者は、フリマアプリでの再販価格が10%上昇すると、新品に支払える上...

news024.jpg

Google検索における2020年上半期の動向 新型コロナの影響でSEOはどう変わる?
新型コロナウイルスの影響が大きかった2020年の上半期ですが、Google検索の動向において...