2020年06月25日 05時00分 公開
特集/連載

Google新「Anthos」の「AWSで利用可能になった」こと以外の変化とは?Googleのハイブリッドクラウド戦略の目玉

Googleの「Anthos」がAmazon Web Services(AWS)を含むマルチクラウドで利用可能になった。これ以外にもAnthosでできるようになったことは幾つかある。主要な変化をまとめた。

[Chris Kanaracus,TechTarget]

 Googleは同社のハイブリッドクラウド構築用製品・サービス群「Anthos」を、Amazon Web Services(AWS)の同名クラウドサービス群に導入できるようにした。Anthosのユーザー企業は、Googleのクラウドサービス「Google Cloud Platform」(GCP)とAWS、プライベートクラウドのいずれのインフラでも、コンテナオーケストレーションツール「Kubernetes」ベースのアプリケーションを実行・運用できるようになる。

 Anthosの新バージョンの早期導入企業には、米国の地方銀行KeyBankや、オンラインユーザーのアクティビティ分析サービスを提供する日本企業などがあるという。

 Anthosでは、GoogleのマネージドKubernetesサービスの「Google Kubernetes Engine」(GKE)やGCPモニタリングツールの「Operations」(旧「Stackdriver」)、オープンソースサービスメッシュの「Istio」などが利用できる。

Anthosで何ができるようになったのか

ITmedia マーケティング新着記事

news148.jpg

生活者視点から見たDX 受容層43.1%、拒否層12.5%――日本IBM調査
「IBM Future Design Lab.」の調査によると今後、DXの波は産業の場から生活の場へと拡張...

news146.jpg

マーケティングオートメーション(MA)を導入しない理由1位は4年連続で「高いから」――Mtame調査
2017年から続く「マーケティングオートメーション意識調査」の2020年版の結果です。

news045.jpg

「ファッションテック」から「3密回避」まで データによる価値創造と課題解決の考え方
気象データを活用してファッションコーデを提案するサービスをデジタルエージェンシーの...