2020年06月25日 05時00分 公開
特集/連載

Google新「Anthos」の「AWSで利用可能になった」こと以外の変化とは?Googleのハイブリッドクラウド戦略の目玉

Googleの「Anthos」がAmazon Web Services(AWS)を含むマルチクラウドで利用可能になった。これ以外にもAnthosでできるようになったことは幾つかある。主要な変化をまとめた。

[Chris Kanaracus,TechTarget]

 Googleは同社のハイブリッドクラウド構築用製品・サービス群「Anthos」を、Amazon Web Services(AWS)の同名クラウドサービス群に導入できるようにした。Anthosのユーザー企業は、Googleのクラウドサービス「Google Cloud Platform」(GCP)とAWS、プライベートクラウドのいずれのインフラでも、コンテナオーケストレーションツール「Kubernetes」ベースのアプリケーションを実行・運用できるようになる。

 Anthosの新バージョンの早期導入企業には、米国の地方銀行KeyBankや、オンラインユーザーのアクティビティ分析サービスを提供する日本企業などがあるという。

 Anthosでは、GoogleのマネージドKubernetesサービスの「Google Kubernetes Engine」(GKE)やGCPモニタリングツールの「Operations」(旧「Stackdriver」)、オープンソースサービスメッシュの「Istio」などが利用できる。

Anthosで何ができるようになったのか

ITmedia マーケティング新着記事

news052.png

ゲーム業界がコロナ禍でTwitterを活用したコミュニケーションに注力した理由
コロナ禍において「巣ごもり消費」が拡大し追い風が吹いているといわれるゲーム業界だが...

news139.jpg

コロナ禍の観光に見える20の兆しとは? TBWA HAKUHODOなどが「観光復興ガイド」を公開
SNS上の旅行に対する価値観の激しい変化を分析し、そこから見えた20の新たな兆しとその後...

news161.jpg

コロナ禍で縮小したマーケティング施策 1位は「オフラインのセミナー/展示会」――ベーシック調査
B2Bマーケターを対象にした調査で8割以上が「コロナ禍で実施/検討しているマーケティン...