2020年06月26日 05時00分 公開
特集/連載

スマートグリッドを「AI」で強化 データで資源を有効活用エネルギー分野での活用が広がるAI【前編】

エネルギー分野でのAI(人工知能)技術の活用が広がりつつある。AI技術は既存の技術をどう変え、どのようなメリットをもたらすのか。

[Kathleen Walch,TechTarget]

関連キーワード

IoT(Internet of Things) | 機械学習


 多少の抵抗はあったものの、エネルギー分野ではAI(人工知能)技術が、幾つかの大きな課題の解決策を提供するようになった。こうした課題には、エネルギー源へのアクセスとエネルギー供給力の向上、エネルギー源の貯蔵・利用方法の改善、エネルギー源の保護、化石燃料への依存のさらなる低減などがある。

 エネルギー分野の膨大なデータは、より自然に優しくコスト効率に優れる技術の開発や、業務の合理化・自動化に役立つ可能性がある。にもかかわらず、最近まで同分野でのAI技術導入はやや低調だった。だが他の多様な分野でAI技術の価値が証明されていることから、エネルギー分野でも、さまざまな課題に対処したり、チャンスを得たりするためにAI技術の導入が急速に進んでいる。

 企業や政府、規制機関が、エネルギーを効率的に利用する方法を模索している。持続可能で信頼性のある主な手法の一つがスマートグリッド(次世代送電網)の導入だ。

AIが実現するスマートグリッドの強化

ITmedia マーケティング新着記事

news202.jpg

AI活用、6割超の企業はPoC(概念実証)止まり――Accenture調査
「わが社でもAI活用を」と考えている企業は多いようですが、実際はどこまで進んでいるの...

news152.jpg

「ナイキ」と「アディダス」 ブランド対決の歴史をさくっと振り返る
ナイキとアディダスは60年以上にわたってしのぎを削り、スポーツマーケティングやスポー...

news013.jpg

営業の「あるある課題」に挑むインサイドセールス3つの機能
売り上げ1000億円以上のエンタープライズクラスの企業に向けてもインサイドセールスは効...