2020年06月25日 08時30分 公開
特集/連載

いまさら聞けない「NAND型」「NOR型」フラッシュメモリの違いとは?フラッシュメモリの今【前編】

フラッシュメモリの種類には、よく耳にするNAND型の他にNOR型がある。どのような違いがあり、それぞれどのようなメリットとデメリットがあるのだろうか。

[Robert Sheldon,TechTarget]

 フラッシュメモリの話題の中心はNAND型だが、フラッシュメモリにはNOR型もある。家電や産業機器などに備わる組み込みシステムなど、用途によってはNAND型フラッシュメモリよりもNOR型フラッシュメモリの方が適している場合がある。

 同容量のNAND型フラッシュメモリと比べた場合、NOR型フラッシュメモリはランダムアクセス方式(アドレス指定によって目的とするデータに直接アクセスする方式)によるデータの読み出しが高速だ。データの書き込み可能回数が多い、エラーの発生率が低いなど、信頼性が高いことに加えて消費電力が少ないメリットもある。一方でシーケンシャルアクセス方式(記録媒体の先頭のデータから順番にアクセスする方式)によるデータの読み出しや書き込み、消去が比較的低速であり、高価だというデメリットがある。

 NOR型フラッシュメモリは、複数ビットを同時に転送(パラレル転送)するパラレルNOR型フラッシュメモリと、1bitずつ転送(シリアル転送)するシリアルNOR型フラッシュメモリの2種類がある。パラレルは回路基板に実装するための信号ピン数がシリアルよりもはるかに多い。パラレルは同時に複数の「アドレス」と「バス」を使用する。アドレスはデータが格納されているメモリセル(データを読み書きする最小構成要素)の位置を示す情報のこと、バスはデータの伝送路のことを指す。

 シリアルNOR型フラッシュメモリは、同容量のパラレルNOR型フラッシュメモリよりも小型で、消費電力が小さく、基本的にはコストが安い。シリアルのメモリモジュールは一般的に、バスにシリアルペリフェラルインタフェース(SPI:Serial Peripheral Interface)を使用している。

NOR型とNAND型の長所、短所

ITmedia マーケティング新着記事

news153.jpg

「広告をきっかけにアプリをダウンロード」 回答者の46%――Criteo調査
コロナ禍におけるアプリユーザー動向調査レポート。日本のモバイルアプリユーザーはコン...

news088.jpg

「ウェビナー疲れ」 参加経験者の約7割――ファストマーケティング調べ
ウェビナーに参加する目的や参加頻度など、ウェビナー参加者の最新動向に関する調査です。

news070.jpg

現金主義からキャッシュレス利用へのシフト 理由の一つに「衛生」も――クロス・マーケティング調査
キャッシュレス利用が顕著に増加。金額によって支払い方法の使い分けが定着しつつあるよ...