2019年11月11日 05時00分 公開
特集/連載

Intelの「Optane」新世代メモリはNANDフラッシュメモリよりどれだけ優秀か?メモリ新技術を巡る動き【前編】

Intelが「3D XPoint」技術をベースにしたメモリ「Optane」搭載の次世代製品に関するロードマップを公開した。NANDフラッシュメモリの性能とはどう違い、市場に出るのはいつ頃になるのだろうか。

[Carol Sliwa,TechTarget]
画像

 Intelが2019年9月に2020年のストレージ製品に関するロードマップを公開した。この中でIntelが明かしたのは、超高速SSD(ソリッドステートドライブ)を実現するメモリ「Optane」の次世代製品や、144層の3D NANDフラッシュメモリを市場に投入する計画だ。

 Optaneは、IntelとMicron Technologyが共同開発した不揮発性メモリ(NVM:Non- Volatile Memory)の新技術「3D XPoint」をベースにしている。Intelは2017年に販売を開始した第1世代のOptaneを使用したSSD「Optane SSD DC」シリーズや2019年に販売を開始したメモリモジュール「Optane DC Persistent Memory」(Optane DCPM)を、DRAM(Dynamic Random Access Memory)とNANDフラッシュの性能のギャップを埋める製品として位置付けている。

 開発コードネーム「Alder Stream」で呼ばれるOptane SSD DCの新製品は、高性能を必要とする大企業をターゲットにしている。Intelは2020年にAlder Streamを販売開始する計画だ。Intelが実施したテストでは、Alder Streamは少なくとも80万IOPS(1秒間に処理できるI/O数)の負荷を加えた条件で、読み取りにおけるレイテンシ(遅延)が平均10マイクロ秒(以下、μs)を維持できたという。

OptaneとNANDフラッシュの性能

ITmedia マーケティング新着記事

news021.jpg

「運用型クリエイティブ」とは何か?
マーケティング施策としてのクリエイティブ改善に取り組むべき理由とは何か。クリエイテ...

news058.jpg

「コロナ禍が収束しても現在の生活を維持したい」 前年比5.2ポイント増加し61.5%に――博報堂調査
コロナ禍も約2年が経過し、マスク生活やテレワークなど新しい暮らしや仕事のスタイルがす...

news178.jpg

Netflixはこれからどう稼ぐつもり?
「ITmedia マーケティング」では、気になるマーケティングトレンドをeBookにまとめて不定...