次世代RPA「IPA」に期待し過ぎてはいけない“納得の理由”「真の自律型企業」の姿とは【後編】

「インテリジェントプロセスオートメーション」(IPA)に期待を寄せ、市場発展の可能性を見出すアナリストは少なくない。ただし「導入直後に成果を発揮する万能薬のようなものではない」との声もある。それはなぜか。

2020年06月25日 05時00分 公開
[Jim O'DonnellTechTarget]

 「コグニティブオートメーション」とも呼ばれる「インテリジェントプロセスオートメーション」(IPA)は、「ロボティックプロセスオートメーション」(RPA)のようにビジネスプロセスを自動化するだけでなく、人工知能(AI)技術を利用して運用の仕組みをシステムに学習させ、判断や指示を導く技術だ。RPAと比べると、より幅広い業務に適用できる可能性がある。

IPAはなぜ「万能薬」ではないのか

ITmedia マーケティング新着記事

news014.png

「サイト内検索」&「ライブチャット」売れ筋TOP5(2024年5月)
今週は、サイト内検索ツールとライブチャットの国内売れ筋TOP5をそれぞれ紹介します。

news129.jpg

SNSアカウントのビジネス貢献を明らかにするための調査サービス テテマーチが提供
フォロワーの属性や状態を明確に把握し、彼らの態度や行動を変容させるためにSNSがどう寄...

news096.jpg

Googleの「サーチトランスフォーメーション」で広告はどう変わる?
Googleは広告主向けの年次イベント「Google Marketing Live 2024」において、広告やコマ...