2020年06月25日 05時00分 公開
特集/連載

次世代RPA「IPA」に期待し過ぎてはいけない“納得の理由”「真の自律型企業」の姿とは【後編】

「インテリジェントプロセスオートメーション」(IPA)に期待を寄せ、市場発展の可能性を見出すアナリストは少なくない。ただし「導入直後に成果を発揮する万能薬のようなものではない」との声もある。それはなぜか。

[Jim O'Donnell,TechTarget]

 「コグニティブオートメーション」とも呼ばれる「インテリジェントプロセスオートメーション」(IPA)は、「ロボティックプロセスオートメーション」(RPA)のようにビジネスプロセスを自動化するだけでなく、人工知能(AI)技術を利用して運用の仕組みをシステムに学習させ、判断や指示を導く技術だ。RPAと比べると、より幅広い業務に適用できる可能性がある。

 「IPA市場は発展途上だが、その成長の可能性は計り知れない」と語るのは、調査会社Constellation Researchの創設者でプリンシパルアナリストを務めるR・レイ・ワン氏だ。

 「ERP」(総合業務)システムであれ、「CRM」(顧客関係管理)システムであれ、「SCM」(サプライチェーン管理)システムであれ「真の自律型企業の実現に向けた大きなトレンドの一部にすぎない」とワン氏は語る。「ユーザー企業の関心は、実現可能な自動化の程度に向けられている」と同氏は指摘。「既存のシステムはこうした状況に対処できないため、Aera TechnologyのようなIPAシステムを提供する企業が存在する」と説明する。

IPAはなぜ「万能薬」ではないのか

ITmedia マーケティング新着記事

Yahoo!広告がLINE広告と連携 「LINE NEWS」面への配信を開始
ヤフーとLINENが広告事業で初めての連携。

news019.jpg

人はなぜFacebookを離脱したくなるのか? プライバシー懸念を上回る理由
さまざまな懸念もよそに拡大する巨大SNS。一方でそこからログアウトする人々は何を思うの...

news117.jpg

化粧品の二次流通市場規模は推計1555億円――メルカリとアイスタイル調査
二次流通市場購入者の40.1%が、使ったことがない化粧品を試すための“トライアル消費”...