2020年06月24日 05時00分 公開
特集/連載

医薬用品メーカーは「注文の6割が電話、メール、FAX」の惨状をどう脱却したかサプライチェーン管理を変えるデータ活用【前編】

医療用品メーカーPaul Hartmannは注文と納品にかかる手間とコストの削減に課題を感じていた。ビジネスプロセスの効率化と需給の予測精度を向上させるために、同社が必要としたものは何か。

[Jim O'Donnell,TechTarget]

 企業はかつてないほど多くのデータを利用するようになった。データソースの数やデータの量は増え続ける一方だ。企業はこうした全てのデータをどのように扱っているのだろうか。そのデータを実際の業務に利用できているのだろうか。

 医療用品メーカーのPaul Hartmannは、ビッグデータ活用に向けたSAPのデータ統合ソフトウェア「SAP Data Hub」を用いて、さまざまなソースのデータを連携させ、そのデータをサプライチェーン業務の改善に利用している。SAP Data Hubは、Paul Hartmannのデータ活用に関する取り組みの一部を担っている。同社は既存のプロセスをデジタル化し、分析に基づく新たなモデルを開発しようとしている。

 「初期の成果は前途有望だった」と語るのは、Paul Hartmannで最高情報責任者(CIO)兼最高データ責任者(CDO)を務めるシナヌディン・オマーホジック氏だ。

「注文の約6割がメール、電話、FAX」から脱却するために何をしたか

ITmedia マーケティング新着記事

news072.jpg

超リッチなイーロン・マスク氏の「言論の自由」は、あなたのそれと同じなのか?
Twitter買収の大義名分とされる「言論の自由」。しかし、同じことを語っているつもりでも...

news204.jpg

新卒の営業職が仕事をやりたくない時期、最多は「5月」 ―― RevComm調査
新卒営業社員は5月に最初の「壁」を感じるようです。

news069.jpg

「メタバース」でどうやってもうけるの? Meta(旧Facebook)が考える収益化への道
Metaの中核をなすメタバースプラットフォームのマネタイズ計画が明確になりつつある。高...