2020年06月23日 05時00分 公開
特集/連載

GCPの「Memorystore」「BigQuery」とは? 特徴と機能を解説Google Cloud Platformの7つのデータベースサービス【後編】

Googleが提供するインメモリデータストアサービス「Cloud Memorystore」やクラウドDWH「BigQuery」を利用することで何ができるのか。両サービスの特徴を説明する。

[Sara Grier,TechTarget]

関連キーワード

RDBMS | SQL | Google | データベース


 データベース管理システム(DBMS)のクラウドサービスである「クラウドデータベース」を利用することで、ユーザー企業はDBMSの運用管理作業の負荷を軽減でき、データ活用に専念しやすくなる。Googleは、多様なクラウドデータベースを提供するベンダーの一つだ。前編「Googleのクラウドデータベース『Cloud SQL』『Cloud Spanner』とは?」と中編「『Cloud Bigtable』『Firebase Realtime Database』『Cloud Firestore』の違い」に続く本稿は、同社のクラウドサービス群「Google Cloud Platform」(GCP)のインメモリデータストア「Memorystore」と、クラウドDWH(DWH:データウェアハウス)の「BigQuery」を説明する。

Memorystore

 Memorystoreはクラウドデータベースそのものではなく、インメモリデータベース「Redis」向けのインメモリデータストアだ。Redisは高速処理が必要なWebアプリケーションのキャッシュとしての用途に適している。

 パッチ管理やフェイルオーバー(稼働系から待機系への切り替え)などの作業を自動化でき、開発者の負担を軽減するのがMemorystoreのメリットだ。主な機能には、セキュリティ対策やワークロード(アプリケーション)の監視、可用性の確保などが挙げられる。ストレージ容量と利用するリージョンなどの要素に基づいて、時間当たりの料金が決まる。

BigQuery

ITmedia マーケティング新着記事

news040.jpg

TikTokは若者よりむしろ大人にこそ向いているかもしれないと考えられる理由
TikTok For Businessが「X世代白書〜理由が必要なX世代へ、架け橋を。〜」を発表。若者向...

news084.jpg

2021年の国内動画広告市場は前年比142.3%の成長、コロナ禍の落ち込みから反転――サイバーエージェント調査
インターネットを通して配信される動画広告の年間広告出稿額推計とこれからの市場規模推...

news053.jpg

対Amazon包囲網も? ポストCookieにおけるCriteoの勝算
Criteoが3億8000万ドルでIPONWEBを買収する。サードパーティーCookie廃止はアドテク企業...