2020年06月23日 05時00分 公開
特集/連載

GCPの「Memorystore」「BigQuery」とは? 特徴と機能を解説Google Cloud Platformの7つのデータベースサービス【後編】

Googleが提供するインメモリデータストアサービス「Cloud Memorystore」やクラウドDWH「BigQuery」を利用することで何ができるのか。両サービスの特徴を説明する。

[Sara Grier,TechTarget]

関連キーワード

RDBMS | SQL | Google | データベース


 データベース管理システム(DBMS)のクラウドサービスである「クラウドデータベース」を利用することで、ユーザー企業はDBMSの運用管理作業の負荷を軽減でき、データ活用に専念しやすくなる。Googleは、多様なクラウドデータベースを提供するベンダーの一つだ。前編「Googleのクラウドデータベース『Cloud SQL』『Cloud Spanner』とは?」と中編「『Cloud Bigtable』『Firebase Realtime Database』『Cloud Firestore』の違い」に続く本稿は、同社のクラウドサービス群「Google Cloud Platform」(GCP)のインメモリデータストア「Memorystore」と、クラウドDWH(DWH:データウェアハウス)の「BigQuery」を説明する。

Memorystore

 Memorystoreはクラウドデータベースそのものではなく、インメモリデータベース「Redis」向けのインメモリデータストアだ。Redisは高速処理が必要なWebアプリケーションのキャッシュとしての用途に適している。

 パッチ管理やフェイルオーバー(稼働系から待機系への切り替え)などの作業を自動化でき、開発者の負担を軽減するのがMemorystoreのメリットだ。主な機能には、セキュリティ対策やワークロード(アプリケーション)の監視、可用性の確保などが挙げられる。ストレージ容量と利用するリージョンなどの要素に基づいて、時間当たりの料金が決まる。

BigQuery

ITmedia マーケティング新着記事

news040.jpg

新型コロナ接触確認アプリ プライバシーと感染抑止の間で揺れ動く各国の対応
欧米では新型コロナ「第2波」への危機感が高まっています。主要国における接触確認アプリ...

news163.jpg

2020年米国ホリデーシーズンショッピング、オンライン売上高が過去最高に――Adobe予測
Adobeはホリデーシーズンの米国におけるオンライン売上高が1890億ドルになると予測してい...