“全面在宅勤務”でも快適に使える「VDI」の作り方コロナ禍の「VDI」導入計画【後編】

在宅勤務などのテレワークを全社的に実施する手段として「VDI」を利用するには、検討しなければならない事柄が幾つかある。主に導入時や運用時に注目すべきポイントを説明する。

2020年06月23日 05時00分 公開
[Brien PoseyTechTarget]

 「VDI」(仮想デスクトップインフラ)を導入することは、全社的なテレワークに移行するときに、データのセキュリティを確保する方法の一つだ。VDIの導入プロセスには複数の作業が伴う。前編「『オンプレミスVDI』『DaaS』を比較 在宅勤務でのVDI全社導入ならどっち?」に続く本稿は、VDIの導入とその後のリソース拡張に必要なプロセスと、検討事項を説明する。

全面テレワークに適したVDIの構築・運用方法

ITmedia マーケティング新着記事

news076.jpg

「AIインフルエンサー」をZ世代はどう評価しているのか?
消費者にとってインフルエンサーは依然として重要だが、インフルエンサーに何を期待する...

news065.jpg

アップルのiPad Pro炎上CMにサムスンが一撃 「クリエイティビティーはCrushできない」
Appleらしからぬマーケティングの失敗から数日後、Samsungは「Galaxy Tab S9」を訴求する...

news063.jpg

電話・スマホでのコミュニケーションは「通話」? 「テキスト」?
クロス・マーケティングが全国の20〜69歳男女を対象にした調査によると、電話やスマホで...