医療機関向け「ベンダー特権アクセス管理」とは? 「SecureLink」に学ぶ医療ITとベンダー特権アクセス管理【後編】

医療機関のシステム保守のためにリモートアクセスするベンダーのアクティビティを可視化すれば、不測の事態が生じても追跡が可能になる。それを可能にする「ベンダー特権アクセス管理」ツールの中身とは。

2020年06月23日 05時00分 公開
[Makenzie HollandTechTarget]

 医療機関向けのベンダー特権アクセス管理ツールとしてSecureLinkが販売するのが「SecureLink for Healthcare」だ。前編「医療機関が『ベンダーのアクセス監視』をせざるを得なかった“潜在的リスク”」に続く後編はSecureLink for Healthcareの仕組みと、保守のためにリモートアクセスするベンダーのアクティビティを管理するためのルール整備のコツを説明する。

ベンダー特権アクセス管理ツールが医療機関に役立つ理由

ITmedia マーケティング新着記事

news074.jpg

ニップンと刀が協業 マーケティングノウハウで成熟市場を拡大へ
ニップンと刀は「ニップン × 刀 協業発表会」を開催し、協業を通じた両社の取り組みとそ...

news197.png

広告運用自動化ツール「Shirofune」がMicrosoft広告の改善機能を実装
Shirofuneは広告運用自動化ツール「Shirofune」に改善カード機能を追加。これにより、キ...

news192.jpg

インテージ、「YouTube Select」「YouTube Shorts」における態度変容調査を提供開始
広告効果測定サービス「Brand Impact Scope」をバージョンアップし、サンプルサイズと計...