2019年12月26日 05時00分 公開
特集/連載

知っておきたいGoogle Cloud Platformのサービス5選【後編】「Google Cloud Platform」(GCP)で要注目のログ監視ツールとNoSQLデータベースとは

GCPは数多くの機能を備えている。本稿はその中から、ログの監視機能「Access Transparency」と、2つのNoSQLデータベース「Cloud Firestore」「Firebase Realtime Database」について説明する。

[Sara Grier,TechTarget]

 Googleは「Amazon Web Services」(AWS)や「Microsoft Azure」と同様、「Google Cloud Platform」(GCP)でクラウドにおけるアプリケーションの開発・運用に役立つ各種サービスを提供している。前編「GCPのIaC『Cloud Deployment Manager』とハイブリッドクラウド『Anthos』とは?」に続き、本稿はGCPで利用できるサービスの中から、GCPのログを監視する「Access Transparency」と、2つのNoSQLデータベース「Cloud Firestore」「Firebase Realtime Database」を説明する。

Access Transparency

 「Access Transparency」はGCPのログをユーザーが確認できるサービスだ。ここ数年、クラウドを利用するユーザーの間で透明性に対する関心が高まっている。自社のアプリケーションを動作させるインフラを、クラウドベンダーがどのように管理しているかを知りたいと考えるユーザーは少なくない。

 ユーザーはAccess Transparencyを使用して、自社のサービスアカウントに関連するGCP内部のログを監視できる。ログには、特定の顧客の利用環境において発生した問題を解決するために、Googleの管理担当者が実行したことが詳細に記録される。現在、Access Transparencyでログ監視できるGCPのサービスは下記の6つだが、対象サービスは順次追加される可能性がある。

  • 仮想マシン「Google Compute Engine」(GCE)
  • アプリケーション構築サービス「Google App Engine」
  • オブジェクトストレージ「Google Cloud Storage」
  • ブロックストレージ「Persistent Disk」
  • 暗号鍵管理サービス「Cloud Key Management Service」(Cloud KMS)
  • ID管理ツール「Cloud Identity and Access Management」

 Access TransparencyはGoogleが実施するメンテナンス作業の監視に役立つだけでなく、GCPで運用しているシステムの監視にも有益なサービスだ。ユーザー企業のGCP管理者はAccess Transparencyのログを既存のイベント管理ツールやセキュリティ対策ツールに取り込んで確認できる。

 ユーザーはGoogleを含むクラウドベンダーにさらに高い透明性を求めているが、すぐに実現するものではない。現在のクラウドベンダーにとっての最優先事項はセキュリティだ。セキュリティを損なうことなく、ユーザーが求める情報を提供する方法を確立するには時間がかかる。Access Transparencyは、ユーザーとベンダーの双方が納得する落としどころを見つけるための一歩だ。

NoSQLデータベース「Cloud Firestore」と「Firebase Realtime Database」

ITmedia マーケティング新着記事

news125.jpg

エコ活動・SDGsへの意識 「フードロス」「廃プラスチック」に高い関心――CCC調査
エコ・環境問題への関心や関連トピックスへの認知度などを調査しています。

news115.jpg

国内アフィリエイト市場、仮想通貨やロボアドバイザー関連商材の成長で金融分野が拡大――矢野経済研究所調べ
矢野経済研究所の調査によると2019年度の国内アフィリエイト市場規模は前年度比8.7%増で...

news040.jpg

アノニマスリードへの対応からインサイドセールスまで、MAツールを使った体制を構築――ONE COMPATH
20〜40代女性を中心に利用されている国内最大級の電子チラシサービス「Shufoo!」を運営す...