2019年12月26日 05時00分 公開
特集/連載

「Google Cloud Platform」(GCP)で要注目のログ監視ツールとNoSQLデータベースとは知っておきたいGoogle Cloud Platformのサービス5選【後編】

GCPは数多くの機能を備えている。本稿はその中から、ログの監視機能「Access Transparency」と、2つのNoSQLデータベース「Cloud Firestore」「Firebase Realtime Database」について説明する。

[Sara Grier,TechTarget]

 Googleは「Amazon Web Services」(AWS)や「Microsoft Azure」と同様、「Google Cloud Platform」(GCP)でクラウドにおけるアプリケーションの開発・運用に役立つ各種サービスを提供している。前編「GCPのIaC『Cloud Deployment Manager』とハイブリッドクラウド『Anthos』とは?」に続き、本稿はGCPで利用できるサービスの中から、GCPのログを監視する「Access Transparency」と、2つのNoSQLデータベース「Cloud Firestore」「Firebase Realtime Database」を説明する。

Access Transparency

 「Access Transparency」はGCPのログをユーザーが確認できるサービスだ。ここ数年、クラウドを利用するユーザーの間で透明性に対する関心が高まっている。自社のアプリケーションを動作させるインフラを、クラウドベンダーがどのように管理しているかを知りたいと考えるユーザーは少なくない。

 ユーザーはAccess Transparencyを使用して、自社のサービスアカウントに関連するGCP内部のログを監視できる。ログには、特定の顧客の利用環境において発生した問題を解決するために、Googleの管理担当者が実行したことが詳細に記録される。現在、Access Transparencyでログ監視できるGCPのサービスは下記の6つだが、対象サービスは順次追加される可能性がある。

  • 仮想マシン「Google Compute Engine」(GCE)
  • アプリケーション構築サービス「Google App Engine」
  • オブジェクトストレージ「Google Cloud Storage」
  • ブロックストレージ「Persistent Disk」
  • 暗号鍵管理サービス「Cloud Key Management Service」(Cloud KMS)
  • ID管理ツール「Cloud Identity and Access Management」

 Access TransparencyはGoogleが実施するメンテナンス作業の監視に役立つだけでなく、GCPで運用しているシステムの監視にも有益なサービスだ。ユーザー企業のGCP管理者はAccess Transparencyのログを既存のイベント管理ツールやセキュリティ対策ツールに取り込んで確認できる。

 ユーザーはGoogleを含むクラウドベンダーにさらに高い透明性を求めているが、すぐに実現するものではない。現在のクラウドベンダーにとっての最優先事項はセキュリティだ。セキュリティを損なうことなく、ユーザーが求める情報を提供する方法を確立するには時間がかかる。Access Transparencyは、ユーザーとベンダーの双方が納得する落としどころを見つけるための一歩だ。

NoSQLデータベース「Cloud Firestore」と「Firebase Realtime Database」

ITmedia マーケティング新着記事

news155.jpg

2020年上期インターネット広告市場動向と下期業種別出稿動向予測――サイバー・コミュニケーションズ調査
国内のデジタルマーケティング業界の関係者を対象にした、新型コロナ禍におけるインター...

news162.jpg

「ダークソーシャル」はユーザーの行動にどれだけ影響するか――ホットリンク調べ
DM(ダイレクトメッセージ)をきっかけとする消費者行動の実態とは。

news155.jpg

東京五輪を「訪日観戦したい」 中国58.4%、米国21.0%――ブレインパッド調べ
東京五輪に関して世界の2大国で意識調査。米中ともに約半数が東京五輪の開催を希望してお...