「ガバメントクラウド」を埼玉県美里町が“先取り採用” その中身とは?クラウドニュースフラッシュ

埼玉県美里町の「ガバメントクラウド」先行導入や、GSユアサの「VMware Cloud on AWS」の活用など、クラウドに関する主要なニュースを取り上げる。

2022年12月23日 15時00分 公開
[上田 奈々絵TechTargetジャパン]

 自治体や企業が業務アプリケーションをクラウドインフラで稼働させる際の選択肢が充実しつつある。デジタル庁が用意する自治体・政府機関向けのクラウドインフラ「ガバメントクラウド」を先行利用する埼玉県美里町の取り組みや、GSユアサがAmazon Web Services(AWS)とVMwareのクラウドサービスを採用した事例など、クラウドに関する主要なニュースを紹介する。

埼玉県美里町が「ガバメントクラウド」を先行利用 その内容とは?

 美里町は、ガバメントクラウドを先行して利用する検証事業「ガバメントクラウド先行事業」に取り組む。同町は「埼玉県町村情報システム共同化推進協議会」に参加する他の20町村と共に、TKCの自治体向け業務アプリケーション「TASKクラウド」を利用してきた。ガバメントクラウド先行事業として2022年10月、TASKクラウドのインフラをTKCのデータセンターからガバメントクラウドに移行。インフラの運用やセキュリティ対策、災害対策の強化・効率化を見込む。同町は協議会に参加する他の町村のシステムのガバメントクラウド移行に向け、TASKクラウドの動作や業務継続性の検証に取り組む。(発表:TKC<2022年10月31日>)

GSユアサが業務システムのクラウド移行に「VMware Cloud on AWS」を採用 そのメリットとは

 蓄電池製造のGSユアサは従来、製造・物流系システムやグループウェアをオンプレミスデータセンターの仮想マシン(VM)で稼働させていた。VMをホストする物理サーバのリソース拡張に時間と費用がかかることや、5年ごとのリプレースが負担となっていたことから、クラウドサービスへの移行を決定。AWSとVMwareによるクラウドサービス「VMware Cloud on AWS」を採用した。オンプレミスデータセンターではVMwareのサーバ仮想化ソフトウェア「vSphere」を利用していたことから、既存のVMをそのまま移行できる点を評価した形だ。移行後はリソースの拡張性が向上した他、vSphereのアップデートを自動化できるようになり、パッチ(セキュリティ更新プログラム)を手動で適用する作業が不要になるといった効果が得られたという。(発表:TIS<2022年10月25日>)

“オンプレミスクラウド”の構築を支援 AOSデータが新サービス

 「AOS IDXプライベート」は、ユーザー企業のオンプレミスデータセンターにプライベートクラウド(オンプレミス型プライベートクラウド)を構築するサービス。ユーザー企業はインフラ構築や運用管理支援といったサービスを、自社の用途に合わせて選択して利用できる。AOSデータは、ユーザー企業が保有するデータやアプリケーションへのアクセス権限を持たない。そのためベンダーロックインや情報漏えいのリスクを抑えられると同社は説明する。初期導入費用の目安は1000万円(税別)から。保守サポートサービスの利用には、別途定額料金の支払いが必要になる。(発表:AOSデータ<2022年10月26日>)

ITmedia マーケティング新着記事

news100.jpg

日本はなぜ「世界の旅行者が再訪したい国・地域」のトップになったのか 5つの視点で理由を解き明かす
電通は独自調査で、日本が「観光目的で再訪したい国・地域」のトップとなった要因を「期...

news023.jpg

誰も見ていないテレビ番組にお金を払って露出する意味はあるのか?
無名のわが社でもお金を出せばテレビに出してもらえる? 今回は、広報担当者を惑わせる...

news182.jpg

中小企業のマーケティングDX 取り組みが進まない理由は?
トライベックの2024年最新版「中小企業DX実態調査」の結果、さまざまな課題が浮き彫りに...