いまさら聞けない「VMware Cloud on AWS」とは? 「Oracle Cloud VMware Solution」との違いは「Oracle Cloud VMware Solution」と「VMware Cloud on AWS」を比較【後編】

AWSやOracleはIaaSでVMware製品を実行するためのサービスを提供している。こうしたサービスの代表格であるAWSの「VMware Cloud on AWS」の特徴と、Oracleの競合サービスとの違いを説明する。

2022年03月28日 08時15分 公開
[Alastair CookeTechTarget]

 インフラのクラウドサービスである「IaaS」(Infrastructure as a Service)とオンプレミスインフラは概して仕組みが異なるため、オンプレミスインフラで稼働させてきたアプリケーションをIaaSへ移行させても実行できない場合がある。VMware製品による仮想マシン(VM)で稼働するアプリケーションの場合、主要なクラウドベンダーが提供するVMware製品実行サービスを利用することで、IaaSへの移行負荷を軽減できる可能性がある。前編「VMware製品をOCIで動かす『Oracle Cloud VMware Solution』とは? ハイブリッドクラウド構築に使うメリット」に続く本稿は、Amazon Web Services(AWS)が提供するVMware製品実行サービス「VMware Cloud on AWS」を取り上げる。

いまさら聞けない「VMware Cloud on AWS」とは

 VMware Cloud on AWSはユーザー企業に専用のベアメタルサーバ(物理サーバ)を提供する、シングルテナント(専有型)のクラウドサービスだ。AWSのサービスであり、VMwareはVMware Cloud on AWSの運用の一部しか担当しない。VMwareが管理するのはVMwareのハイパーバイザー「ESXi」やVMwareの仮想化製品管理ソフトウェア「vCenter Server」などのVMware製品のみで、AWSが物理インフラの管理を担う。

「Oracle Cloud VMware Solution」との違い

 アプリケーションの稼働に必要なリソースが不足しそうな場合、VMware Cloud on AWSは新しいVMを自動的に作成する。VMware製品へのパッチ適用はVMwareが担当する。そのためVMやVMware製品を自身で管理したくないユーザー企業に適している。

 Oracleの「Oracle Cloud VMware Solution」(OCVS)の場合は、ユーザー企業が自らVMware製品のバージョンアップやパッチ適用を実施する必要がある。そのためユーザー企業は、自社のオンプレミスインフラで稼働するVMware製品の更新タイミングに合わせて、IaaSのVMware製品を更新できる。

 AWSは、自社のデータセンターでVMware Cloud on AWSを提供する。ただしVMware Cloud on AWSのVMは、AWSのアカウントや請求書に存在しない。VMwareがVMware Cloud on AWSの請求書を送付する。利用料金の管理は、VMwareのクラウドサービス群「VMware Cloud Services」の管理コンソールを通して実施する。OCVSの場合はVMの設定や利用料金の管理がOCIの管理コンソールを通してできるため、この点がVMware Cloud on AWSと異なる。

TechTarget発 先取りITトレンド

米国TechTargetの豊富な記事の中から、最新技術解説や注目分野の製品比較、海外企業のIT製品導入事例などを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news058.jpg

Z世代が旅に求める「令和的非日常」とは?
JTBコミュニケーションデザインと伊藤忠ファッションシステムが、Z世代の旅に関する意識...

news094.jpg

電通が「AI×クリエイティブ」の強みを生かしたビジネスコンサルティングサービスを提供開始
電通は「AI×クリエイティブ」で企業の事業やサービスの開発を支援する新サービス「AIQQQ...

news053.jpg

「docomo Ad Network」 高LTVユーザーのみに広告配信ができる顧客セグメントを追加
D2Cは顧客生涯価値が高くなることが見込まれるセグメントを抽出し、新たなセグメント情報...