2022年03月14日 10時00分 公開
特集/連載

VMware製品をOCIで動かす「Oracle Cloud VMware Solution」とは? ハイブリッドクラウド構築に使うメリット「Oracle Cloud VMware Solution」と「VMware Cloud on AWS」を比較【前編】

アプリケーションのIaaS移行のハードルを下げるために、OracleはVMware製品実行サービスの「Oracle Cloud VMware Solution」(OCVS)を提供している。OCVSの特徴を説明する。

[Alastair Cooke,TechTarget]

 オンプレミスインフラで運用しているアプリケーションを、インフラのクラウドサービスである「IaaS」(Infrastructure as a Service)で稼働させるのは簡単ではない。IaaSとオンプレミスインフラは概して仕組みが異なるからだ。

 主要なクラウドベンダーは、オンプレミスのVMware製品で仮想マシン(VM)を運用している企業に向けて、VMで稼働するアプリケーションをIaaSとオンプレミスインフラで同じように実行できるようにするクラウドサービス(以下、VMware製品実行サービス)を提供している。ユーザー企業はVMware製品実行サービスを利用することで、IaaSへの移行を簡素化できる。

「Oracle Cloud VMware Solution」とは? これだけは知りたい基礎知識

 Oracleの「Oracle Cloud VMware Solution」(OCVS)はVMware製品実行サービスの一つだ。OCVSは、オンプレミスのVMware製品で構築したVMで実行するアプリケーションを、Oracleのクラウドサービス群「Oracle Cloud Infrastructure」(OCI)に移行することを支援する。OCVSを利用すると、OCIで実行するためにアプリケーションを作り変える必要がなくなる。OCVSはVMwareのサーバ仮想化ソフトウェア「vSphere」のオンプレミス版と同様の機能を提供するだけでなく、オンプレミスのvSphereで構築したVMの設定を維持する。オンプレミスインフラからOCIへのストレージの複製機能も備える。

 ユーザー企業は OCVSを使うと、オンプレミスのvSphereで管理していたときと同じように、OCIのVMを管理できる。OCVSで利用できるVMware製品には、VMwareのハイパーバイザー「ESXi」とVMwareの仮想化製品管理ソフトウェア「vCenter Server」、ネットワーク仮想化ソフトウェア「NSX-T Data Center」、ストレージ仮想化ソフトウェア「vSAN」が含まれる。

OCVSがハイブリッドクラウドに役立つ理由

 OracleはOCIの一部としてOCVSを提供する。そのためユーザー企業は、OCVSの設定や利用料金の管理にOCIの管理コンソールを使う。OCVSのvSphereおよびVMはOCIで稼働するため、OCIで構築したクラウドアプリケーションと、OCVSでOCIに移行させたレガシーアプリケーション間のデータ連携は比較的容易だ。

 オンプレミスインフラのVMと、OCIのVMを同じ仮想ネットワーク内で稼働させることで、双方が相互に通信するハイブリッドクラウドを実現できる。オンプレミスのストレージのデータをOCIに複製し、OCIのVMからそのデータを使用することも可能だ。ストレージデータの複製は、OCVSによるOCI移行にも役立つ。

OCVSの始め方

 OCVSを導入するには、OCIアカウントを用意しなければならない。vSphereを実行する前に仮想ネットワークの設定をしておくことも必要だ。その後はOCIコンソールの設定ウィザードがVMの作成方法を案内する。OCVSの設定プロセスには数時間かかり、ほとんどの作業内容は進捗(しんちょく)状況バーに表示される。VMのOCIへの移行には、「vSphere Replication」といったVMwareのVM移行ツールを使うことも可能だ。

TechTarget発 先取りITトレンド

米国TechTargetの豊富な記事の中から、最新技術解説や注目分野の製品比較、海外企業のIT製品導入事例などを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news076.jpg

メディア化する企業が勝つ時代の動画マーケティングはどうあるべきか
見込み客の興味についての理解を深化させ、イベントの価値を最大化し、人々の注目を獲得...

news114.jpg

B2B企業のSEO記事コンテンツ制作、「外注に失敗」の経験が8割超――EXIDEA調査
SEOのノウハウはもちろん重要ですが、記事制作を外注するに当たっては、自社や業界のこと...

news027.jpg

さようならiPod Appleへの20年の貢献度を振り返る
ポータブルミュージック40年の歴史とともに、その偉業を振り返ってみましょう。