「macOSでOneDriveとDropboxがうまく使えない」問題はなぜ起きたのか「macOS 12.3」β版で発生

オンラインファイル同期サービスの代表格である「OneDrive」「Dropbox」が、Appleの「macOS 12.3」β版で正常に動作しない問題が発生した。その背景には何があったのか。

2022年03月14日 05時00分 公開
[Maxim TamarovTechTarget]

 AppleのクライアントOS「macOS 12.3」(macOS Monterey 12.3)のβ版で、オンラインファイル同期サービス「OneDrive」「Dropbox」が正常に動作しない問題が発生した。macOS 12.3のβ版テスターはOneDriveやDropboxを利用するに当たり、アプリケーションを起動したり、ファイルを開いたりすることができなかった。

なぜ「macOSでOneDriveとDropboxが動かない」問題が発生したのか

 Appleは同社の公式サイトで、OneDriveとDropboxが利用していたカーネル拡張機能が、macOS 12.3では利用できなくなったと説明した。同社は両サービスのベンダーであるMicrosoftやDropbox社と連携し、カーネル拡張機能の代替を用意する。

 MicrosoftによるとmacOS版のOneDriveでは、同社のクラウドインフラに保管したファイルをデバイスで開くための機能「ファイルオンデマンド」の動作に関する問題が発生した。ファイルオンデマンドを利用するには、今回Appleが無効化したカーネル拡張機能が必要だったという。これを受けてMicrosoftとAppleは、OneDriveの利用体験を向上させるために、協力して仕組みの変更を図っている。

Apple「M1」でOneDriveやDropboxが利用可能に

 2021年12月にMicrosoftが公開したOneDriveのパブリックプレビューでは、ArmアーキテクチャのプロセッサおよびSoC(プロセッサなどシステムの構成要素を1つのシリコンチップに集約した製品)を搭載したデバイスでOneDriveを利用可能にした。これによりApple開発のSoC「Apple M1 Chip」(以下M1)を搭載したMacでも、OneDriveをネイティブ(デバイス内)で実行できるようになった。以前は実行にエミュレータ(模倣ソフトウェア)が必要だった。エンドユーザーからは、ネイティブ実行が可能になったことを歓迎する声が寄せられた。

 Dropbox社は2022年中に、M1でDropboxを実行できるようにする計画だ。AppleはM1を同社のさまざまなデバイスに搭載する一方、他社製プロセッサを使わない方針を打ち出している。

TechTarget発 先取りITトレンド

米国TechTargetの豊富な記事の中から、最新技術解説や注目分野の製品比較、海外企業のIT製品導入事例などを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news102.jpg

矢野経済研究所「2024年版 デジタルコンテンツ市場動向調査」を実施
矢野経済研究所は、国内のデジタルコンテンツ市場を調査し、市場概況や主要企業動向を明...

news100.jpg

Salesforceの「Einstein Copilot」は他社のAIアシスタントと何が違うのか?
Salesforceが対話型AIアシスタント「Einstein Copilot(β版)」を日本市場で提供開始し...

news029.png

「サイト内検索」&「ライブチャット」売れ筋TOP5(2024年6月)
今週は、サイト内検索ツールとライブチャットの国内売れ筋TOP5をそれぞれ紹介します。