2020年08月26日 05時00分 公開
特集/連載

VMware Cloud on AWSにはない「Azure VMware Solution」の利点とは?「Azure VMware Solution」と「VMware Cloud on AWS」を比較【前編】

「Azure VMware Solution」は、VMware製品をクラウドサービスで利用できる点で「VMware Cloud on AWS」と似ている。Azure VMware Solutionを選ぶべき理由は何か。

[Brian Kirsch,TechTarget]

 MicrosoftとVMwareは2020年5月に、Microsoftのクラウドサービス群「Microsoft Azure」でVMwareの仮想化製品群を利用するためのサービス「Azure VMware Solution」次世代版のプレビューを発表した。ユーザー企業はAzure VMware Solutionを利用することで、VMware製品で構築したアプリケーションのコードを変更する必要なく、Azureで稼働させることができる。

 Amazon Web Services(AWS)も、VMware製品をAWSの同名クラウドサービス群で利用するためのサービス「VMware Cloud on AWS」を提供する。Azure VMware SolutionとVMware Cloud on AWSは機能に幾つかの違いがあるものの、似ている点もかなりある。こうしたサービスを使えば、ユーザー企業はオンプレミスのインフラからクラウドサービスにアプリケーションを移行させても、VMware製品をそのまま利用できる。クラウドサービスとVMware製品両方のメリットを得つつ、一貫性を保てるのだ。

「VMware Cloud on AWS」ではなく「Azure VMware Solution」を選ぶメリットとは

 Azure VMware Solutionは、最小3つのノード(仮想マシン)で利用できる。Azure VMware Solutionの利用料金は月額6720ドルからで、1年契約で30%、3年契約で50%の割引が受けられる。Azure VMware Solutionの利用料金には、VMware製品のライセンスも含まれる。

 利用料金だけ見ると、Azure VMware SolutionはVMware Cloud on AWSとそれほど変わらない。Azure VMware Solutionには、一部のIT担当者にとって役に立つ可能性がある特徴がある。Microsoftは既にサポートを終了させたサーバOS「Windows Server 2008」とデータベース管理システム(DBMS)「SQL Server 2008」のセキュリティ更新プログラムの提供期間を、Azureで稼働させる場合に限り無償で延長するのだ。

 古いバージョンの「Windows Server」で稼働するレガシーアプリケーションの管理者にとっては、AzureやAzure VMware Solutionへの移行はアプリケーションを使い続けるための選択肢の一つとなる。サポート切れOSのメンテナンス費用に加え、IT管理者の時間や労力を節約できる可能性もある。

TechTarget発 先取りITトレンド

米国TechTargetの豊富な記事の中から、最新技術解説や注目分野の製品比較、海外企業のIT製品導入事例などを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news153.jpg

「広告をきっかけにアプリをダウンロード」 回答者の46%――Criteo調査
コロナ禍におけるアプリユーザー動向調査レポート。日本のモバイルアプリユーザーはコン...

news088.jpg

「ウェビナー疲れ」 参加経験者の約7割――ファストマーケティング調べ
ウェビナーに参加する目的や参加頻度など、ウェビナー参加者の最新動向に関する調査です。

news070.jpg

現金主義からキャッシュレス利用へのシフト 理由の一つに「衛生」も――クロス・マーケティング調査
キャッシュレス利用が顕著に増加。金額によって支払い方法の使い分けが定着しつつあるよ...