クラウドETLの2大巨頭「AWS Glue」「Azure Data Factory」をざっくり理解する「AWS Glue」と「Azure Data Factory」を徹底比較【前編】

AWSの「AWS Glue」やMicrosoftの「Azure Data Factory」などのクラウドETLを利用することで、ユーザー企業は各システムのデータ連携の仕組みを容易に整備できる。各サービスの機能を説明する。

2022年10月31日 05時00分 公開
[Chris TozziTechTarget]

 Amazon Web Services(AWS)の「AWS Glue」とMicrosoftの「Azure Data Factory」は、どちらもETL(データ抽出、変換、読み込み)のクラウドサービス(以下、クラウドETL)だ。企業はこれらクラウドETLを利用して、データパイプライン(さまざまなデータソースからデータを取り込むシステム)を構築できる。

 2大クラウドETLのAWS GlueとAzure Data Factoryには、大きな違いが幾つかある。自社のワークロード(アプリケーション)に適切なクラウドETLを選ぶ際は、こうした違いを理解することが重要になる。両者を複数の観点から比較する。

「AWS Glue」とは

 AWSのAWS Glueは、データの収集や処理、移動を可能にするデータパイプラインを構築するためのクラウドETLだ。クラウドサービスのため、ユーザー企業は稼働のためのインフラを構築したり、管理したりする必要がない。

 データパイプラインを作成するのに必要な機能を、AWS Glueは備えている。ユーザー企業はデータを移動させる際に実行するプロセスを定義するだけで、容易にデータパイプラインを実行できる。

Azure Data Factoryとは

 Azure Data Factoryは、Microsoftのクラウドサービス群「Microsoft Azure」のクラウドETLだ。ユーザー企業が定義したデータパイプラインを通じて、データの処理や移動のプロセスを簡略化する。AWS Glueと同様、Azure Data FactoryのインフラはMicrosoft Azureが用意するため、ユーザー企業はデータパイプラインの設計に集中できる。

TechTarget発 先取りITトレンド

米国TechTargetの豊富な記事の中から、最新技術解説や注目分野の製品比較、海外企業のIT製品導入事例などを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news068.jpg

社会人1年目と2年目の意識調査2024 「出世したいと思わない」社会人1年生は44%、2年生は53%
ソニー生命保険が毎年実施している「社会人1年目と2年目の意識調査」の2024年版の結果です。

news202.jpg

KARTEに欲しい機能をAIの支援の下で開発 プレイドが「KARTE Craft」の一般提供を開始
サーバレスでKARTEに欲しい機能を、AIの支援の下で開発できる。

news136.png

ジェンダーレス消費の実態 男性向けメイクアップ需要が伸長
男性の間で美容に関する意識が高まりを見せています。カタリナ マーケティング ジャパン...