2020年06月24日 05時00分 公開
特集/連載

新型コロナでトラフィックが激増してもインターネットが落ちない4つの理由新型コロナに耐えるインターネット【後編】

新型コロナウイルス感染症対策でテレワークが広がり、インターネットのトラフィックが急増しても、全面的なインターネット停止には至らなかった。どのような対策が講じられているのだろうか。

[Jennifer English,TechTarget]

関連キーワード

ISP | 新型コロナウイルス


 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の流行が拡大し、企業の間で在宅勤務などのテレワークの実施が広がったことで、インターネットのトラフィック(通信量)は急増した。仮にネットワークインフラが10年前のままだったなら、今回のようなトラフィックの変動に耐えることはできなかっただろう。

 インターネットサービスプロバイダー(ISP)や通信事業者はトラフィック変動に対処するためにネットワークインフラを継続的に強化している。ISP事業を手掛けるCenturyLinkで、CTO(最高技術責任者)を務めるアンドリュー・デュガン氏は、今回のような事態になってもインターネットが持ちこたえることができた要因は主に4つあると説明する。

要因1.トラフィックのピークの分散

ITmedia マーケティング新着記事

news156.jpg

サイロ化の現実 75%の企業は部門間が連携せず、むしろ競争関係にある――Accenture調査
デジタル変革(DX)における不十分な事業部間連携は業績低下につながるというAccentureの...

news052.png

ゲーム業界がコロナ禍でTwitterを活用したコミュニケーションに注力した理由
コロナ禍において「巣ごもり消費」が拡大し追い風が吹いているといわれるゲーム業界だが...

news139.jpg

コロナ禍の観光に見える20の兆しとは? TBWA HAKUHODOなどが「観光復興ガイド」を公開
SNS上の旅行に対する価値観の激しい変化を分析し、そこから見えた20の新たな兆しとその後...