2020年06月10日 05時00分 公開
特集/連載

医薬品企業が次世代RPA「IPA」を導入 その理由と効果とは?「真の自律型企業」の姿とは【前編】

ドイツの化学・医薬品企業Merckの医薬営業部門は、ビジネスプロセスの自動化を実現するために「インテリジェントプロセスオートメーション」(IPA)を導入した。IPAがもたらす価値は何か。

[Jim O'Donnell,TechTarget]

 企業の間でビジネスプロセスの自動化を進める動きが広がっている。自動化製品は「インテリジェントプロセスオートメーション」(IPA)によって従来よりもさらなる進化を遂げている。

 「ロボティックプロセスオートメーション」(RPA)は機械的な作業を自動化し、効率を高め、作業のミスを減らす。ただしRPAの適用範囲はかなり限られている。「コグニティブオートメーション」(CA)とも呼ばれるIPAは、ビジネスプロセスを自動化するだけでなく、ビジネスプロセスに対して人の思考のような「インテリジェンス」を加える。つまり機械学習をはじめとする人工知能(AI)技術を利用して、ビジネスプロセスをシステムが学習し、理解できるようにする。ビジネスプロセスの理解を終えると、IPAシステムはリアルタイムで洞察を提供し、取るべき行動を提案する。

 「判断を下さなければならない規模、複雑さ、頻度に応じて、自社のビジネスモデルとそれを支えるシステムを根本的に考え直す必要に迫られている」。そう語るのは、AIベンダーAera Technologyの社長兼CEOであるフレドリック・ラルヨ氏だ。ラルヨ氏は「コンピュータや、データを扱うシステムの支援を受けて人が作業をする時代」から「人が誘導しながら機械が作業をする時代」へと移行していると話す。

Merckの医薬営業部門が「IPA」を導入した理由

ITmedia マーケティング新着記事

テレビ放送と人流の相関を示すデータサービス クロスロケーションズが提供開始
テレビ番組やテレビCMをテキスト化・データベース化した「TVメタデータ」とGPSをベースと...

news014.jpg

マーケティング担当者を消耗させる「商品情報」の取り扱い どうすれば解決できる?
デジタルマーケティングに携わる人にとって頭痛の種になりがちなのが、商品情報に関する...

news165.jpg

日本のデジタル広告はビューアビリティーが低くフラウド率が高い――IAS調査
日本におけるモバイルWeb環境のアドフラウド率はディスプレイで2.3%、動画で2.9%に達し...