「失敗しないDXリーダー」が持っている“ある資質”とはDXの成否を分ける5つのポイント【第4回】

デジタルトランスフォーメーション(DX)を成功に導く重要なポイントは、リーダーの人選だ。リーダーをどのように選べばよいのか。リーダーに必要な資質は。

2022年08月23日 08時15分 公開
[Jim O'DonnellTechTarget]

関連キーワード

ROI | IT投資


 コンサルティング会社Third Stage Consulting Groupの創設者兼最高経営責任者(CEO)、エリック・キンバーリング氏によると、デジタルトランスフォーメーション(DX)が成功する企業と失敗する企業を分けるポイントは5つある。本稿は、2つ目と3つ目を紹介する。

ポイント2.リーダーの人選

 企業がDXを成功させるには、経験豊富なリーダーが重要なポジションに就く必要がある。同様の取り組みでリーダーを務めた経験がある人材がいれば理想的だ。適切なリーダーシップを発揮する人材は、ベンダーの営業担当者が訴える主張に対して、健全な疑念を持てる必要がある。

 極端なことを言えば、ベンダーの営業担当者には、自社製品を導入することで起こり得るリスクや課題をユーザー企業に訴求するインセンティブはない。だが「技術には必ず欠点がある」とキンバーリング氏は指摘する。完璧な技術は存在せず、管理が必要なリスクは必ずあるという考えだ。こうした状況において「DX推進プロジェクトのリーダーが適切な質問をして、技術がもたらす障害や落とし穴がないかどうかを判断できれば、DXの成功に役立つ」と同氏は話す。

ポイント3.技術投資とビジネス価値のバランシング

 どのようなDXの戦略を立てていても、技術への投資と、それがビジネスにもたらす価値とのバランスを取る必要がある。技術への投資を過度に優先させた企業は、期待通りのビジネス価値を得られないことがある。場合によっては技術への投資がビジネスの成功を妨げ、克服が難しい業務上の混乱を起こす。特に中小企業は、ERP(統合業務)パッケージ導入プロジェクトの失敗によって、経営上の大きなダメージを受ける可能性がある。

 「そこまでひどくはない失敗や課題は、しばしば生じる」とキンバーリング氏は語る。「技術への投資を優先した企業は、その結果として被る不利益を気に掛ける必要がある」と同氏は続ける。


 第5回は、DXの成否を分ける以下の5つのポイントのうち、4つ目と5つ目を紹介する。

  1. ポイント1.目標設定(第3回で紹介)
  2. ポイント2.リーダーの人選
  3. ポイント3.技術投資とビジネス価値のバランシング
  4. ポイント4.「変化への抵抗」の理解(第5回で紹介)
  5. ポイント5.「手段の目的化」の回避(第5回で紹介)

TechTarget発 世界のインサイト&ベストプラクティス

米国TechTargetの豊富な記事の中から、さまざまな業種や職種に関する動向やビジネスノウハウなどを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news004.jpg

ブランドセーフティー(安全性)とブランドスータビリティー(適合性)はリーチと両立できる
そもそも広告は表示されなければ始まりません。だからこそ「ビューアビリティー」が重要...

news186.jpg

B2Bサイトランキング2024、三菱電機が2年連続トップ――トライベック・ブランド戦略研究所調べ
トライベック・ブランド戦略研究所は、B2Bサイトのビジネス貢献度を評価する調査の結果を...

news114.jpg

Googleも認める“TikTok検索”のとてつもない影響力
ユーザーが製品を発見するプロセスにおいてTikTokが果たす超強力な役割についてのインサ...