DXの成功者だけが到達できる「第3段階」とは? “常人”が到達できない理由DXの成否を分ける5つのポイント【第2回】

デジタルトランスフォーメーション(DX)には3つの段階があると専門家は指摘する。ただしDXのメリットを享受できる「第3段階」に到達できる企業は、ごくわずかだという。その理由は何か。

2022年07月26日 08時15分 公開
[Jim O'DonnellTechTarget]

関連キーワード

ROI | IT投資


 コンサルティング会社Third Stage Consulting Groupの創設者兼最高経営責任者(CEO)、エリック・キンバーリング氏によると、デジタルトランスフォーメーション(DX)のプロセスは、ロケットの打ち上げから上昇、周回軌道(天体の周囲を回る物体の軌道)への投入までの段階的なプロセスに似ている。

ほとんどの企業がDXの「第3段階」に到達できない理由

 具体的には、DXは以下の3つの段階に分類できる。

  • 第1段階
    • ソフトウェアやパートナー企業の候補を選ぶとともに、プロジェクトの計画を立て、開始する
  • 第2段階
    • 必要なシステムを部分的に導入し、投資に対する利益を段階的に享受する
      • この段階で、プロジェクトに予算や時間の超過がないかどうかをチェックできる。
  • 第3段階
    • 導入が完了し、投資に対する利益を得る

 第3段階に到達すると、組織は「『デジタルユートピア』に入ることができる」とキンバーリング氏は語る。デジタルユートピアとは、人工知能(AI)技術や産業用IoT(IIoT:産業用モノのインターネット)といった革新的な技術を利用してビジネスを変革するためのプロセスと組織構造、インフラの準備が整った状態を指す。

 キンバーリング氏は、「多くの企業はこの段階に到達できない」と警告する。大きな理由は、非現実的な理想を抱き、DXのプロジェクトにかかる労力、時間、リソース、コストを過小評価するからだ。「5〜10年後ではなく、2、3年後をめどに企業に貢献できる技術活用法を実用的、現実的に考える必要がある」と同氏は話す。

 ベンダーは「最新機能を備えた製品」という形で、先進的な技術を企業に提供する。だがキンバーリング氏は、「ベンダーが提供する新機能」と「企業がそれを生産的に利用する能力」との間にはしばしば隔たりがある、と指摘する。

 「ITは確かに、ビジネスの問題を解決するためのツールであり、ビジネスを支援する役割を持つ。だがパズル全体の一つのピースにすぎない」とキンバーリング氏は言う。同氏によるとDXの成功には、ビジネスプロセスを改善したり、企業文化、従業員、組織設計を変えたりすることも必要だ。


 第3回以降は、DXの成否を分けるポイントを具体的に説明する。

TechTarget発 世界のインサイト&ベストプラクティス

米国TechTargetの豊富な記事の中から、さまざまな業種や職種に関する動向やビジネスノウハウなどを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news192.jpg

インテージ、「YouTube Select」「YouTube Shorts」における態度変容調査を提供開始
広告効果測定サービス「Brand Impact Scope」をバージョンアップし、サンプルサイズと計...

news078.jpg

マーケティングツール活用にまつわる3つの課題とは? ――インキュデータ調査
マーケティングツールを利用する企業は多いものの、利用企業はツールをうまく使いこなせ...

news205.png

広告の「No.1」表記の実態 購入動機の約60%に影響
GMOリサーチ&AIは広告の「No.1」表記に対する消費者の捉え方を把握するために調査を実施...