老舗工具メーカーが「DX」推進に人材教育が必要だと考える訳事例で学ぶスキル向上と再教育の意義【中編】

工具メーカーStanley Black & Deckerが抱える世界中の拠点では、最新技術を採用した工場もあれば、自動化が進んでいない工場もある。こうした中でDXを推進する同社が、従業員教育に注力する理由とは。

2020年12月24日 05時00分 公開
[Jim O'DonnellTechTarget]

関連キーワード

機械学習 | Webサイト


 工具メーカーのStanley Black & Deckerは、デジタルトランスフォーメーション(DX)を進めたことで生産設備のオペレーションが大きく変わった。同社でIndustry 4.0担当グローバルバイスプレジデントを務めるスディ・バンガロール氏によると、世界100カ所を超える同社の生産拠点はデジタル化の段階がそれぞれ異なり、自動化がほとんど進んでいないレガシーなプラント(装置や工場)もあれば、最先端技術を採用している高度な施設もあったという。前編「DXの成功には『従業員のスキル向上と再教育』が不可欠な理由」に続く本稿は、DXとともに顕在化する従業員のスキル格差の解消に向けた「スキル向上」(Upskilling)と「再教育」(Reskilling)の事例として、同社の取り組みを紹介する。

 Stanley Black & Deckerは2016年から産業用IoT(モノのインターネット)の技術を使用して、工業アセット(設備と運用体制)、従業員、プロセスに関する企業内のデータやシステムを結ぶ「コネクテッドエンタープライズシステム」と、工業アセット用の自動化システムを構築している。バンガロール氏によると、コネクテッドエンタープライズシステムの構築にはRockwell AutomationとPTCの技術を採用し、自動化システムはRockwell AutomationとPanek Precisionの技術を中心に据えて構築を進めているという。

スキル向上は製品の変革と同じくらい重要

 バンガロール氏は「当社はレガシーな企業だが、トップクラスのイノベーション企業の一員になりたいと考えている」と話す。そのためには製品と顧客サービスを変革しなければならない。同氏によると、それと同じくらい重要なのが、製品をどのように製造するか、製品を製造する従業員をどのように支援するかだ。

ITmedia マーケティング新着記事

news131.jpg

「ダークパターン」の認知は2割にとどまる――クロス・マーケティング調査
調査会社のクロス・マーケティングが実施したダークパターンに関する調査(2024年)の結...

news050.jpg

ウェルビーイング調査 今後最も力を入れたい分野は「身体」、優先度が低いのは?
ASAKO サステナラボは、独自の「60のウェルビーイング指標」により生活者の充足度を数値...

news068.png

10代の7割超がショート動画を「ほぼ毎日見ている」――LINEリサーチ調査
LINEリサーチは全国の男女を対象に、ショート動画に関する調査を実施しました。