データプライバシー管理を「AI」に任せたくなる“これだけの理由”データプライバシー管理に「AI」を生かす【第1回】

データプライバシー管理業務の自動化や労力削減に活用できるのがAI技術だ。どのようなメリットをもたらし得るのか。専門家に聞く。

2020年12月24日 05時00分 公開
[George LawtonTechTarget]

 企業はデータの量と種類の増加だけでなく、データへのアクセス権限を誰が所有するか、誰がそのアクセス権限を認定するかといった「データプライバシー」に関する規制やデータ盗難の対処にも迫られている。手作業によるプロセスとルールを用いた個人情報の特定、管理、保護には限界がある。

AI技術をデータプライバシー管理に生かすメリット

ITmedia マーケティング新着記事

news171.png

2024年のGW予算は横ばい 賃上げよりも物価高と円安の影響が勝る?――インテージ調査
インテージが全国の15歳から79歳の男女を対象に実施したゴールデンウイークに関する調査...

news148.jpg

CNN幹部が語る、メディアビジネスにとってのAIのリスクと機会
生成AIがコンテンツを量産し、真偽の明らかでない情報があふれかえる中、メディアの価値...

news016.png

「サイト内検索」&「ライブチャット」売れ筋TOP5(2024年4月)
今週は、サイト内検索ツールとライブチャットの国内売れ筋TOP5をそれぞれ紹介します。