2020年07月07日 05時00分 公開
特集/連載

マーケティング予算削減の危機 「MarTech」でどう乗り越える?新型コロナ禍のデジタルマーケター生き残り術【後編】

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)拡大の影響でマーケティング予算が削られれば、MarTechへの新規投資は難しくなる。難局を乗り切る現実的な策とは。

[Don Fluckinger,TechTarget]

関連キーワード

機械学習 | Webサイト


 Gartnerのアナリストを務めるコリン・リード氏によると、今日の企業のマーケティング予算は収入の10%程度で、「MarTech」(マーケティングテクノロジー)に割り当てられる予算はそのさらに26%程度だ。

 一般に、マーケティング予算の削減はまず広告費のカットから始まり、次に外部委託費、その後に社内費用に及ぶとリード氏は説明する。企業がマーケティング予算を削減するときは技術購入費も削る傾向があり、MarTechへの投資も減らすことになる。キャンペーンの数や規模も縮小し、それを実施するためのクラウド技術予算も削減する。

 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の流行がもたらした世界経済の停滞は長期化しており、マーケティング予算の引き締めは厳しくなるだろう。少ないマーケティング技術予算で乗り切る方策の一つは、購入済みの技術を有効活用することだ。

活用し切れていないMarTech

ITmedia マーケティング新着記事

クラウドファンディングを活用して広告出稿 MOTION GALLERYと電通が「AD MISSON」を提供開始
自己資金は乏しくても共感性が高く社会貢献の見込めるプロジェクトが情報発信できるため...

news017.jpg

「A/Bテスト」ツール 売れ筋TOP10(2021年10月)
今週は、「A/Bテスト」ツールの売れ筋TOP10を紹介します。

news030.jpg

コンテンツSEOでやらかしてしまいがちな3つの勘違い
ITmedia マーケティングで2021年3月に連載して多くの反響をいただいた「勘違いだらけのEC...