2020年12月15日 05時00分 公開
特集/連載

DXの成功には「従業員のスキル向上と再教育」が不可欠な理由事例で学ぶスキル向上と再教育の意義【前編】

デジタルトランスフォーメーションを推進する企業が自動化技術や人工知能技術といった最新技術を導入すると、いずれ「従業員のスキル格差」の問題に直面する。こうした問題を解決するために必要なアプローチは何か。

[Jim O'Donnell,TechTarget]

関連キーワード

機械学習 | Webサイト


 企業の間でデジタルトランスフォーメーション(DX)を推進する動きが広がり、従業員の技能の向上と再教育の重要性がますます高まっている。コンサルティング企業Kotter Internationalのプリンシパル、バネッサ・アクタル氏は「DXを成功させるには、従業員が新しい仕事の進め方に移行できるように企業が手助けする必要がある」と話す。

 アクタル氏はDXにおける「スキル向上」(Upskilling)と「再教育」(Reskilling)という概念を次のように定義している。

  • スキル向上
    • 従業員のこれまでのスキルと能力を、DX推進に必要な新しい技術に適応できるように支援すること。
  • 再教育
    • 従業員に新しいスキルを与えること。

AI技術の導入で生じる「スキル格差」をどう解消するか

 従業員のスキル向上と再教育を実施するに当たっては、技術的な知識を与えるだけでは十分ではない。コラボレーションスキルをはじめ、DXがもたらす継続的な変化に適応するためのスキルも育てる必要がある。アクタル氏は「これからの世界はこれまでと違ったものになる。今後は変化に対処するためのトレーニングとスキル開発が役に立つ。いつの時代も従業員にはそうしたスキルが求められている」と説明する。

ITmedia マーケティング新着記事

news072.jpg

超リッチなイーロン・マスク氏の「言論の自由」は、あなたのそれと同じなのか?
Twitter買収の大義名分とされる「言論の自由」。しかし、同じことを語っているつもりでも...

news204.jpg

新卒の営業職が仕事をやりたくない時期、最多は「5月」 ―― RevComm調査
新卒営業社員は5月に最初の「壁」を感じるようです。

news069.jpg

「メタバース」でどうやってもうけるの? Meta(旧Facebook)が考える収益化への道
Metaの中核をなすメタバースプラットフォームのマネタイズ計画が明確になりつつある。高...