2020年12月15日 05時00分 公開
特集/連載

NutanixのDaaS「Xi Frame」とは? 利点と注意点を整理「Xi Frame」と「Citrix Managed Desktops」を比較【前編】

ハイパーコンバージドインフラ(HCI)で知られるNutanixが、専業ベンダーの買収を経て提供を始めたDaaSが「Xi Frame」だ。その機能と特徴、課題を整理する。

[Marius Sandbu,TechTarget]

関連キーワード

DaaS | Citrix | デスクトップ仮想化


 NutanixはDaaS(Desktop as a Service)ベンダーのMainframe2(Frameの名称で事業展開)を買収し、DaaS市場に参入した。買収後、Frameの同名DaaSに幾つかの機能を追加し、より実用性を高めて企業向けDaaS「Xi Frame」として提供している。

 Xi Frameを他ベンダーのDaaSと比べるのは、IT担当者にとっては困難な作業となる可能性がある。ただしDaaSを選定するときには、各DaaSの機能や他サービスとの連携性、強みを理解しておくことが欠かせない。前後編にわたりXi Frameと、他ベンダーのDaaSのうちCitrix Systemsの「Citrix Managed Desktops」を比較する。

Xi Frameの特徴と気になる“限界”

 NutanixがFrameを買収する前、FrameはDaaSの先駆けとなる企業の一社だった。Frameの買収後、NutanixはXi Frameの提供を開始した。Xi Flameの中核システムは「Microsoft Azure」や「Amazon Web Services」(AWS)といったクラウドサービス群のIaaS(Infrastructure as a Service)で動かすことも、プライベートクラウドとパブリッククラウドを組み合わせたハイブリッドクラウドで動かすこともできる。

ITmedia マーケティング新着記事

news092.jpg

営業デジタル化の始め方(無料eBook)
「ITmedia マーケティング」では、気になるマーケティングトレンドをeBookにまとめて不定...

news086.jpg

「RED」「Bilibili」「Douyin」他 中国の主要SNSプラットフォームの特徴まとめ
トレンド変化の大きい中国においてマーケティングを成功させるためには、主要SNSプラット...

news162.jpg

コロナ禍における「ご自愛消費」の現状――スナックミー調査
「ご自愛消費」として最も多いのは「スイーツやおやつ」で全体の68%。その他、ランチ38...