2020年01月28日 10時00分 公開
特集/連載

「クラウドホスト型VDI」と「DaaS」の違いとは 楽なのはどちらか「クラウドホスト型VDI」と「DaaS」を理解する【前編】

VDI市場では「クラウド型VDI」と「DaaS」が台頭しつつある。この2つの違いと、VDIの管理負荷を軽減するために、選定の際留意しておきたい点について説明する。

[Jo Harder,TechTarget]

 ユーザー企業がクラウドに仮想デスクトップインフラ(VDI)をホスティングする「クラウドホスト型VDI」や、ベンダーが仮想デスクトップをサービスとして提供する「DaaS」(サービスとしてのデスクトップ)は、VDI市場にディスラプション(市場の破壊)を引き起こした。現在でも製品・サービス同士の連携や各サービスの機能追加が頻繁に起こっている。こうした事情は、クラウドホスト型VDIとDaaSの選定を難しくしている。

クラウドホスト型VDIとDaaSを比較

クラウドホスト型VDI

 クラウドホスト型VDIとDaaSの境界はあいまいな部分が残る。一般的にクラウドホスト型VDIとは、ユーザー企業がクラウドに仮想デスクトップやアプリケーションを構築して、自ら管理する。MicrosoftやCitrix Systems、VMwareはクラウドホスト型VDIのためのクラウドを提供している。VDIそのものは一般的に、ユーザー企業のIT担当者が維持管理する必要がある。

DaaS

ITmedia マーケティング新着記事

news024.jpg

CEOと従業員の給与差「299倍」をどう考える?
今回は、米国の労働事情における想像を超える格差について取り上げます。

news153.jpg

日立ソリューションズが仮想イベントプラットフォームを提供開始
セミナーやショールームなどを仮想空間上に構築。

news030.jpg

経営にSDGsを取り入れるために必要な考え方とは? 眞鍋和博氏(北九州市立大学教授)と語る【前編】
企業がSDGsを推進するために何が必要なのか。北九州市立大学の眞鍋和博教授と語り合った。