そもそも「DX」って何? 専門家による“一言定義”と成功のこつDXの成否を分ける5つのポイント【第1回】

デジタルトランスフォーメーション(DX)を推進する動きは広がっているものの、それぞれの企業が進めるDXの実態はさまざまだ。そもそもDXとは何なのか。定義を専門家に聞いた。

2022年07月14日 10時00分 公開
[Jim O'DonnellTechTarget]

関連キーワード

ROI | IT投資


 エリック・キンバーリング氏は、コンサルティング会社Third Stage Consulting Groupの創設者兼最高経営責任者(CEO)だ。キンバーリング氏はデジタルトランスフォーメーション(DX)の戦略立案と実践について複数の企業と意見を交換し、DXの成功と失敗を分ける要素についての知見を収集している。

 キンバーリング氏は2022年2月、Third Stage Consulting Groupが主催するバーチャルカンファレンス「Digital Stratosphere 2022」の講演に登壇し、「DXの成否を分けるポイント」に関する自身の考えを述べた。本連載は、その詳細を紹介する。

そもそも「DX」とは何か

 DXという言葉の意味は、まだ曖昧だ。キンバーリング氏は「技術、ビジネスプロセス、組織の変革を組み合わせて、企業に変化を促すことがDXだ」と広く定義している。DXの追求には、さまざまなアプローチがある。具体例は以下の通りだ。

  • 企業の競争力を強化するための戦略構想を練る
  • 旧式のシステムをアップグレードして技術的負債を解消する
  • 新しい技術に研究開発投資を実施する
  • 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のパンデミック(世界的大流行)のような社会情勢の変化によって、既存システムに限界があることを認識する

 幾つもの企業と対話をする中でキンバーリング氏が気付いたのは、DXの成功には強いリーダーシップと健全な戦略が不可欠だということだ。プロジェクトの定義が不十分だったり、“輝かしい新技術”に目がくらんでしまったりすると、プロジェクトを危険にさらすことも分かった。


 第2回はDXにおける3つの段階と、最終段階に至るまでに陥りがちな「わな」について解説する。

TechTarget発 世界のインサイト&ベストプラクティス

米国TechTargetの豊富な記事の中から、さまざまな業種や職種に関する動向やビジネスノウハウなどを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news109.jpg

フォーム作成管理システム「ヘルプドッグ フォーム」のEFO(エントリーフォーム最適化)機能が正式版に
nocoはフォーム作成管理システム「ヘルプドッグ フォーム」において、β版として提供して...

news068.png

広報活動がうまくいっている企業はどのくらいある?――オズマピーアール調査
国内企業の広報担当者200人を対象に、企業広報活動の実態を調査しました。

news214.png

月額2000円から使える次世代DOOH配信システム フリークアウトグループ会社が提供開始
Ultra FreakOutは、デジタルサイネージ配信システム「Maroon」の正式版の提供を開始した。