2022年07月12日 08時15分 公開
特集/連載

“テレワーカーは昇進できない”の心理的根拠「近接性バイアス」とは?テスラが浮き彫りにしたテレワークのリスク【第2回】

テレワークに懐疑的な意見を持つ人は少なからずいる。こうした意見が、もし偏った心理傾向によってもたらされているとすれば、テレワークを認めるかどうかといった単純な話では済まなくなる。どういうことなのか。

[Patrick Thibodeau,TechTarget]

関連キーワード

在宅勤務


 テレワーカーやハイブリッドワーカー(オフィスワークとテレワークを組み合わせて働く従業員)は「昇進や昇給を見送られるリスクがある」と、コンサルティング会社Global Workplace Analyticsのプレジデント、ケート・リスター氏は語る。背景にあるのは「近接性バイアス」だ。

不況になったらテレワークはどうなるか

 近接性バイアスは、物理的に距離が近くて対面の機会が頻繁にあったり、対面の時間が長かったりする相手に好意を持ちやすく、優遇してしまう心理傾向を指す。「近接性バイアスは強い」とリスター氏は強調する。管理職は概して、毎日顔を合わせるオフィスワーカーの方がテレワーカーよりも生産性が高いと考えがちだと同氏は説明。「テレワーカーは辞めやすい傾向もある」とも指摘する。

 リスター氏によれば、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のパンデミック(世界的大流行)の前後でテレワークを希望する人の割合は変わっていない。ただし従業員がテレワークの実施に関する主導権を握るようになったという。テレワークとオフィスワークを組み合わせた勤務形態「ハイブリッドワーク」や、完全テレワークの導入が進んだ背景に「労働者や専門人材の不足がある」と同氏は考えている。

 米国の労働市場は売り手市場だ。米国労働省が2022年6月1日(米国時間、以下同じ)に発表した2022年4月の雇用動態調査(JOLTS)によると、非農業部門の求人件数は1140万件だった。2022年3月の求人件数からは減少したが、レイオフ(一時解雇)や解雇件数は低い水準となり、労働市場が依然として逼迫(ひっぱく)していることが分かる。

 労働省の2022年6月3日の発表によると、2022年5月の非農業部門雇用者数は前月から39万人増加した。だが金利上昇、ロシアによるウクライナ侵略、エネルギーコストの上昇、インフレを背景に、景気後退の懸念が浮上している。「景気後退期に入れば、経営者優位の力関係に戻ると考えられる」とリスター氏は指摘する。そうなれば、テレワークやハイブリッドワークに懐疑的な経営者は、従業員のオフィスへの出社を義務付けるようになる可能性がある。


 「経営者は安易にテレワークを中止すべきではない」との声がある。第3回はその理由を紹介する。

TechTarget発 世界のインサイト&ベストプラクティス

米国TechTargetの豊富な記事の中から、さまざまな業種や職種に関する動向やビジネスノウハウなどを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news122.jpg

「ペプシチャレンジ」で煽られて焦ったコカ・コーラの“痛恨のやらかし”とは?
長年の間「コーラ戦争」を続けてきたCoca-ColaとPepsi。マーケティング施策でも切磋琢磨...

news149.jpg

デジタル化する顧客体験に関する消費者と企業の認識ギャップ――ナイスジャパン調査
問い合わせの初動としてインターネットやFAQ検索をする人が約8割。デジタルチャネルによ...

news042.jpg

気象データは近未来のデータ 予測に基づき「役に立つ」広告を届ける
気象データを活用することでどのような広告コミュニケーションが可能になるのか。海外の...