2022年06月08日 08時15分 公開
特集/連載

アパレル会社が“従業員監視”で分かった「サボり社員」よりも深刻な事実「信頼せよ、されど確かめよ」の理念に基づく生産性モニタリング【第2回】

服飾メーカーFAM Brandsは生産性モニタリングツールを一部の部署に試験導入。テレワークで生産性を維持できていることを確認したという。その結果、同社の人事戦略にどのような変化があったのか。

[Patrick Thibodeau,TechTarget]

関連キーワード

人事 | 在宅勤務


 服飾デザイン製造企業FAM(FAM Brandsの名称で事業展開)は従業員の生産性を計測する「生産性モニタリングツール」を導入し、テレワークの状況を分析している。同社の人事人材責任者ケイシー・コンクライト氏は、生産性モニタリングツールのデータから、テレワークをする方が従業員の生産性が高まることを理解した。同社はこのデータを見てテレワーク施策を拡大させた。

 FAM Brandsは同社の歴史において初めて「米国内のさまざまな地域の人材を積極的に採用し、テレワークで雇用している」とコンクライトは説明する。「もしテレワーカーの生産性に関するデータがなかったら、従業員に出社を再開するよう促していた」と同氏は語る。

「サボり社員」どころではない “従業員監視”で分かった深刻な事実

 コンクライト氏によると、FAM Brandsは業界の需要を理由に週40時間未満の勤務制度は検討していない。「生産性モニタリングツールの導入は、従業員が“大人”であることを裏付けており、彼らはすべき仕事をしていると信頼できる」と同氏は語る。そのため同社は、従業員が家庭のニーズに応じて勤務時間を調整できるようにした。ツール導入後、従業員の定着率は向上したという。

 FAM Brandsではサプライチェーンにおいて、注文管理業務がボトルネックになっていたという。その原因を知るために、コンクライト氏は生産性モニタリングツールを生かせるのではないかと考えていた。

 コンクライト氏は「従業員が仕事をしていないのではないか」という疑いは持っていなかった。生産性モニタリングツールを導入したことで分かったのは、注文管理の担当者が1日12時間以上働いていており、長時間「Microsoft Excel」を使用している従業員がいることだった。自動化できる処理を手動で作業している場面もあった。

 大きな成果だったのは「注文管理チームの人員を増やす必要がある」と分かったことだ。注文管理チームで得た経験は、このツールをさらに広範囲に導入する後押しとなった。別の視点では、FAM Brandsは会議に費やす時間が長く、会議の効率化が必要であることも分かった。要するに「従業員のためにできることがある」ということが示されたわけだ。FAM Brandsが導入した生産性モニタリングツールは、テレワーク強化と勤務形態の改善に役立った。


 第3回は企業の間で進み始めた、週間勤務時間見直しの動きを紹介する。

TechTarget発 先取りITトレンド

米国TechTargetの豊富な記事の中から、最新技術解説や注目分野の製品比較、海外企業のIT製品導入事例などを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news194.jpg

残念なブランド体験で8割の顧客は「もう買わない」――Sitecore調査
消費者にとって不都合な事象が発生した際にも、ブランドを好きでいられるのは10人に1人。

news131.jpg

ナイキとアディダスに学ぶ ファンを増やす企業文化とは?
スポーツにおけるトップブランドの座を巡ってし烈な競争を繰り広げてきたナイキとアディ...

news046.jpg

DXにおける「コンサルティング力」とは?
DXが加速する中でコンサルティング人材へのニーズが高まっています。DXにおける「コンサ...