2022年06月08日 05時00分 公開
特集/連載

MacでもiPhoneでもChromebookでもWindowsが手軽に使える「DaaS」の魅力DaaSの世界に「Mac」を持ち込めるのか【第1回】

仮想デスクトップのクラウドサービス「DaaS」は、さまざまな端末で「Windows」を使うための有力な手段だ。そのメリットを簡単に整理する。

[Jo HarderTechTarget]

関連キーワード

Apple | DaaS | OS | Windows | デスクトップ仮想化 | Mac


 Appleのクライアント端末「Mac」を業務に利用する企業は、どのような技術を導入する場合でも、そのOS「macOS」のライセンス規約を考慮する必要がある。仮想デスクトップのクラウドサービス「DaaS」(Desktop as a Service)の導入時も例外ではない。

DaaSが使いたくなる“これだけの理由”

 DaaSのユーザー企業は、エンドユーザーに仮想デスクトップを配信するために、仮想デスクトップのゲストOSとして「Windows」を採用することが一般的だ。DaaSを実現する主要製品であるVDI(仮想デスクトップインフラ)製品の代表的なベンダーとして、Citrix SystemsやVMware、Microsoftが挙げられる。

 利用するクライアント端末の種類を選ばないのが、DaaSの特徴だ。Appleのスマートフォン「iPhone」やmacOS搭載のノート型端末「MacBook」、GoogleのOS「Chrome OS」搭載のノート型端末「Chromebook」でも、専用ソフトウェアやWebブラウザを通してWindowsの仮想デスクトップが利用できる。

 DaaSのメリットを理解するために、プログラミングの過程で処理が無限ループに陥るエラーが発生した場合を考えよう。開発者は問題の原因を収集してその問題を修正した後、作業中の仮想デスクトップの基になるイメージファイルを手早く簡単に削除できる。問題を解決したら、その後新たに導入した仮想デスクトップのイメージファイルを使い、すぐにテストを再開することが可能だ。


 第2回は、DaaSにおけるmacOSの利用を阻む、Appleのライセンス規約を説明する。

TechTarget発 先取りITトレンド

米国TechTargetの豊富な記事の中から、最新技術解説や注目分野の製品比較、海外企業のIT製品導入事例などを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news067.jpg

Xにおける「バレンタイン」を含む言及数は過去4年間で最多だがUGC数は最少 どういうこと?
ホットリンクは、X(旧Twitter)に投稿されたバレンタインに関するUGCについて調査しまし...

news061.jpg

Expedia幹部が語る旅行体験向上のためのAI活用とグローバルブランド戦略
Expediaは、日本での18周年を記念してブランドを刷新した。テクノロジーへの投資を強化し...