2022年05月27日 05時00分 公開
特集/連載

Macユーザーが「VMware Fusion」を使うと“あれ”がMacで動かせる「VMware Fusion」と「VMware Workstation Pro」の違いを比較【第2回】

「Mac」向けのハイパーバイザー「VMware Fusion」は、Macで「macOS」以外のさまざまなOSを実行できるようにする。そのメリットとは何か。Fusionの機能を説明する。

[Vladan Seget,TechTarget]

関連キーワード

仮想マシン(VM) | Mac | VMware | Windows | Linux


 Appleのクライアントデバイス「Mac」のエンドユーザーは、VMwareのハイパーバイザー「VMware Fusion」(以下、Fusion)を導入すれば、Macの可能性を広げることができる。Fusionの主要なメリットを確認しよう。

Macユーザーが「VMware Fusion」を導入すると“あれ”が使える

 MacユーザーがFusionを導入すれば、MacのOSである「macOS」以外のOSを利用するために、他のノートPCやデスクトップPCを改めて購入する必要がなくなる。例えばmacOSで実行できないが、Microsoftの「Windows」で実行できるゲームソフトウェアをWindowsの仮想マシン(VM)にインストールすれば、Macでプレイできるようになる。VM内部のリソースへのアクセスを他のエンドユーザーに許可することも可能だ。

 異なるOSを実行する複数のVM間で、ファイルをコピー&ペーストする機能もFusionは備える。これにより、複数のVM間でファイルの共有が可能になる。

 Fusionのスナップショット機能は、特定時点のVMの状態を保存する。あるシステムで、検証していない新しいソフトウェアの導入を検討しなければならないとする。この場合は、そのソフトウェアを導入する前にVMのスナップショットを取得。そのソフトウェアが機能しなかったり、システムに悪影響を及ぼしたりする場合に備えて、取得したスナップショットを保管する。そのソフトウェアによってシステムに問題が生じたら、スナップショット取得時の状態に戻せばよい。こうすることで、VMは新しいソフトウェアをインストールする前の状態に戻る。

 Windowsの修正プログラムをインストールしたり、OSやアプリケーションのアップグレードをしたりする前にも、Fusionで取得したVMのスナップショットが役立つ。


 第3回はFusionの課題を説明する。

TechTarget発 先取りITトレンド

米国TechTargetの豊富な記事の中から、最新技術解説や注目分野の製品比較、海外企業のIT製品導入事例などを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news194.jpg

残念なブランド体験で8割の顧客は「もう買わない」――Sitecore調査
消費者にとって不都合な事象が発生した際にも、ブランドを好きでいられるのは10人に1人。

news131.jpg

ナイキとアディダスに学ぶ ファンを増やす企業文化とは?
スポーツにおけるトップブランドの座を巡ってし烈な競争を繰り広げてきたナイキとアディ...

news046.jpg

DXにおける「コンサルティング力」とは?
DXが加速する中でコンサルティング人材へのニーズが高まっています。DXにおける「コンサ...