2022年05月27日 05時00分 公開
特集/連載

キオクシアが「SSD」の“レガシー接続”にこだわった納得の理由112層×SASで勝負するSSD【前編】

「PCIe Gen4」や「PCIe Gen5」のインタフェースが使われる中、キオクシアは「SAS」の新世代を採用したSSDを投入する。SAS接続ならではの利点が見込めるという。

[Adam Armstrong,TechTarget]

関連キーワード

SSD | 半導体ストレージ | ストレージ


 フラッシュメモリベンダーのキオクシアは2022年3月、ストレージインタフェースに「24G SAS」(SAS-4、SAS:Serial Attached SCSI)を採用したSSD、「KIOXIA PM7」(PM7シリーズ)のサンプル出荷を開始した。他のインタフェースの採用も進む中で、SAS接続のSSDにはどのような利点が見込めるのだろうか。

 「SASはレガシーなインタフェース規格だが、需要はまだまだ旺盛だ」と、ストレージ専門の調査会社TRENDFOCUSのバイスプレジデント、ドン・ジャネット氏は語る。キオクシアはSamsung Electronicsと並び、SAS市場の一角を占める大手だ。どのような狙いがあるのか。

PCIeにはない「SAS接続のSSD」の利点とは?

 SASは、SSDやHDDをコンピュータに接続するためのインタフェース規格「SCSI」(Small Computer System Interface)の後継だ。SCSIを策定する業界団体SCSI Trade Association(STA)によると、SASは2003年に登場して以来、規格が新しくなるたびにデータ転送速度が倍増している。SAS-4のデータ転送速度は最大24Gbps(実効速度は22.5Gbps)に達した。

 「PCI express 4.0」(PCIe Gen4)や「PCI express 5.0」(PCIe Gen5)など他の高速インタフェースが使用される中でも、「SASは低価格でデータ転送速度が高速であるため、市場での存在感は引き続き強いままだ」とジャネット氏は話す。キオクシアのエンタープライズおよびクラウドストレージ担当シニアディレクターで、STAのプレジデントでもあるキャメロン・ブレット氏は、「SAS-4になることで、低遅延化が可能になる」と説明する。

 キオクシアのPM7シリーズは、SAS-4を採用した同社のSSDとしては2代目となる。初代の「KIOXIA PM6」(PM6シリーズ)は2020年6月に発売した。キオクシアでSSDのプロダクトマネジャーを務めるスティーブ・ガーソー氏は、「PM7シリーズはPM6シリーズの機能を引き継いでいる。ファームウェアも同様で、わずかにマイナーチェンジした程度だ」と説明する。

画像 キオクシアのSAS接続型SSD「PM7シリーズ」(出典:キオクシアのプレスリリース)

 PM7シリーズは、同社の3次元(3D)NAND型フラッシュメモリ「BiCS FLASH」の、112層に積層した第5世代を搭載する。記録方式には、1つのメモリセルに3bitを格納する「TLC」(トリプルレベルセル)を使用する。PM6シリーズは96層のNAND型フラッシュメモリを使用しているので、PM7シリーズは積層数をアップグレードした形だ。

TechTarget発 先取りITトレンド

米国TechTargetの豊富な記事の中から、最新技術解説や注目分野の製品比較、海外企業のIT製品導入事例などを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news102.jpg

営業デジタル化を加速するクラウド顧客獲得ツール「nocoセールス」でできること
営業の人的リソースが足りない組織が短いサイクルで顧客を効率的に獲得する仕組みを作る。

news007.jpg

富士通の「デジタルセールス」が目指すこと
この連載のタイトルにあるように、富士通はインサイドセールスのことを「デジタルセール...

news154.jpg

ナイキ vs アディダス Z世代の心をつかむアプローチの違い
有名人や人気ファッションブランドとのコラボに加え、環境や社会問題への取り組みなど、...