2022年06月09日 05時00分 公開
特集/連載

VMwareのハイパーバイザー「VMware Workstation Pro」の主な機能とは?「VMware Fusion」と「VMware Workstation Pro」の違いを比較【第4回】

「VMware Workstation Pro」は、「Linux」「Windows」搭載PCで使えるハイパーバイザーだ。その主な機能を簡潔に紹介する。

[Vladan Seget,TechTarget]

関連キーワード

仮想マシン(VM) | Mac | VMware | Windows | Linux


 「Linux」やMicrosoftの「Windows」といったOSを搭載するPCで、別のOSを実行する場合は、VMwareのハイパーバイザー「VMware Workstation Pro」(以下、Workstation)が役立つ。基本的に機能はAppleの「macOS」向けにVMwareが提供するハイパーバイザー「VMware Fusion」(以下、Fusion)と変わらない。Workstationは、LinuxやWindowsなどのOSで、macOSなどの異なるOSを搭載した仮想マシン(VM)を実行できるようにする。

LinuxとWindows向けの「VMware Workstation Pro」の機能

 Workstationが実行するVMは、他のエンドユーザーのLAN経由でのアクセスを許可できる。そのため新たなハードウェアを購入しなくても、特定のOSを必要とするソフトウェアを共有できる。

 VMのクローン(複製)をWorkstationで作成することも可能だ。特定のVMの設定を再利用のために保存する場合や、VMを使ってテレワークをするグループがある場合に、このクローンが役に立つ。

 クローンの方式は2つある。1つ目は、クローンごとに異なるデータや設定の差分のみ保存し、共通の部分はクローン元のVMを参照する「リンククローン」だ。リンククローンは物理ディスク容量を節約し、VMを迅速に複製できるメリットがある。2つ目はクローン元のVMの全てのデータを複製し、他のエンドユーザーと共有できるようにする「フルクローン」だ。

 Workstationを使うと、VMwareの仮想サーバ管理ソフトウェア「vCenter Server」で管理するVMや、同社のデータセンター向けハイパーバイザー「ESXi」のVMとの連携が可能になる。これにより、vCenter ServerやESXiを含むVMwareのデータセンター向けサーバ仮想化製品群「vSphere」のVMと、デスクトップPCで実行するWorkstationのVMに同じコンソールを使用できるようになる。

TechTarget発 先取りITトレンド

米国TechTargetの豊富な記事の中から、最新技術解説や注目分野の製品比較、海外企業のIT製品導入事例などを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news194.jpg

残念なブランド体験で8割の顧客は「もう買わない」――Sitecore調査
消費者にとって不都合な事象が発生した際にも、ブランドを好きでいられるのは10人に1人。

news131.jpg

ナイキとアディダスに学ぶ ファンを増やす企業文化とは?
スポーツにおけるトップブランドの座を巡ってし烈な競争を繰り広げてきたナイキとアディ...

news046.jpg

DXにおける「コンサルティング力」とは?
DXが加速する中でコンサルティング人材へのニーズが高まっています。DXにおける「コンサ...