2013年03月01日 20時00分 公開
ニュース

アステラス製薬、2014年3月期からIFRS任意適用【IFRS】製薬企業では2社目

製薬企業のIFRS任意適用の公表は中外製薬に続いて2社目。

[垣内郁栄,TechTargetジャパン]

 アステラス製薬は2014年3月期から連結財務諸表にIFRS(国際財務報告基準、国際会計基準)を任意適用すると2月28日に発表した。製薬企業のIFRS任意適用の公表は中外製薬に続いて2社目。

 アステラス製薬はグローバルで事業を展開。また外国人投資家の株式保有率が40%を超えている。同社はIFRS任意適用について「このような当社の事業展開並びに株主構成などの状況を踏まえ、資本市場における財務情報の国際的な比較可能性の向上」が目的と説明している。

 2014年3月期の決算短信、有価証券報告書をIFRSで開示する予定。2014年3月期の第1四半期から第3四半期までは日本基準で開示する。

ITmedia マーケティング新着記事

news067.jpg

Xにおける「バレンタイン」を含む言及数は過去4年間で最多だがUGC数は最少 どういうこと?
ホットリンクは、X(旧Twitter)に投稿されたバレンタインに関するUGCについて調査しまし...

news061.jpg

Expedia幹部が語る旅行体験向上のためのAI活用とグローバルブランド戦略
Expediaは、日本での18周年を記念してブランドを刷新した。テクノロジーへの投資を強化し...