2020年06月11日 08時30分 公開
特集/連載

NFLのフットボールチームが「在宅勤務」で直面した課題とは?Citrix製品を活用

サンフランシスコのフットボールチーム49ersは、在宅勤務などのテレワークの課題に直面している。同チームがテレワークを実践する上で生じた課題と成果を聞く。

[Mariusz Blach,TechTarget]

 米国のプロアメリカンフットボールNFL(ナショナルフットボールリーグ)のチーム、San Francisco 49ersの従業員は、たとえオフシーズンであっても多くの業務をこなす必要がある。新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)感染予防のためにソーシャルディスタンス(社会的距離)を確保しながらも、組織内の全部門間の連携や協力体制を維持しなければならない。同チームはこのような状況でも業務を続けるために、Citrix Systemsのファイル共有サービス「ShareFile」を利用している。

 49ersの最高収益責任者、ブレント・シューブ氏によると、同チームのCitrixとの関係は2014年、シリコンバレーの中心部で、本拠地のLevi's Stadium(リーバイススタジアム)がオープンした時から始まった。同チームの従業員が在宅勤務などのテレワークで業務を続けるために使っているツールについて、シューブ氏に話を聞いた。

―― テレワークで業務を継続するために、どのような製品とサービスを使っているのでしょうか。

ブレント・シューブ氏 われわれは現在、事業を継続するために、Citrixの製品とサービスを多岐にわたる業務で利用している。大容量のファイルを安全に保存して、さまざまなエンドポイントに送信できるShareFileを使用するほか、モバイルデバイス管理(MDM)とモバイルアプリケーション管理(MAM)のためのツール「Citrix Endpoint Management」も使っている。

 他にもSAPやIntel、Cisco Systemsなどのベンダーが提供するツールを導入している。

―― テレワークへの切り替えに困難はありましたか。

ITmedia マーケティング新着記事

news169.png

ECサイトのライブコマース連携を簡単に 「MakeShopエンタープライズプラン」が「ライコマ」と連携
「MakeShopエンタープライズプラン」を利用するEC事業者は、初期開発費用不要で「ライコ...

news121.jpg

金融デジタルサービス利用実態、世代間で異なる重視ポイント――アドビ調査
金融デジタルサービスの利用においては利便性を重視するデジタルネイティブに対し、50代...

news034.jpg

戦略の実行 愚直に施策を積み上げ、高速PDCAを回し続ける
強いリーダーシップの下で課題をしっかりと把握し、戦略を策定したら、いよいよその実行...