新型コロナ対策の在宅勤務で企業資産保護はどう変わるのか?新型コロナが変える企業資産保護【前編】

新型コロナウイルス感染症の影響で在宅勤務などのテレワークが広がる中、企業資産保護の重要性はかつてないほど高まっている。それはなぜなのか。

2020年06月11日 05時00分 公開
[Kevin BeaverTechTarget]

関連キーワード

ERP | セキュリティ対策 | 在宅勤務


 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響により、突如として在宅勤務などのテレワークを余儀なくされた人は少なくないだろう。人の働き方と企業ITの在り方が変わる中、攻撃者も新たな攻撃の機会を探っている。IT部門はこれまで以上に業務システムやデータなどの企業資産のセキュリティ対策を怠らないことが重要だ。

 セキュリティポリシーに関しては、最高情報責任者(CIO)と最高情報セキュリティ責任者(CISO)が参加するセキュリティガバナンス委員会でリスクを見直す必要がある。従業員向けハンドブックなどのドキュメントに記載しているセキュリティポリシーを更新し、企業資産を保護対象に含めるようにする。

 新型コロナウイルス感染症の流行は、企業資産に新たなリスクをもたらす。テレワークはオフィスワークと異なり、従業員がIT部門の管理下から外れる場合がある。攻撃者もそれを狙って従業員を欺く手口を探している。IT部門の管理下を外れたテレワーカーが増加すれば、広範な攻撃対象として大きなセキュリティ脅威となるだろう。感染症の流行というセンセーショナルな話題が従業員のセキュリティ意識を下げ得ることも、テレワークにおけるセキュリティ問題を拡大する原因だ。

新型コロナ禍での企業資産保護に必要なこと

ITmedia マーケティング新着記事

news074.jpg

ニップンと刀が協業 マーケティングノウハウで成熟市場を拡大へ
ニップンと刀は「ニップン × 刀 協業発表会」を開催し、協業を通じた両社の取り組みとそ...

news197.png

広告運用自動化ツール「Shirofune」がMicrosoft広告の改善機能を実装
Shirofuneは広告運用自動化ツール「Shirofune」に改善カード機能を追加。これにより、キ...

news192.jpg

インテージ、「YouTube Select」「YouTube Shorts」における態度変容調査を提供開始
広告効果測定サービス「Brand Impact Scope」をバージョンアップし、サンプルサイズと計...