2020年06月12日 05時00分 公開
特集/連載

在宅勤務で「PC」が品薄に “特需”はいつまでも続くのか?パンデミックで変わるPC市場

新型コロナウイルス感染症の拡大で在宅勤務などのテレワーク用PCの需要が増加した。ただし需要増が今後も続くかどうかについては、専門家によってさまざまな見方がある。PC市場の先行きは。

[Mike Gleason,TechTarget]

関連キーワード

ビジネスPC | 在宅勤務


 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の流行が原因でPC市場に混乱が生じている。テレワークの急速な広がりでPC需要が高まっているにもかかわらず、出荷台数は減少している。

 調査会社のGartnerとIDCの両社が、世界のPC出荷台数が2020年第1四半期(2020年1月〜3月)に急減したと報告した。Gartnerによると出荷は前年同期比12.3%減、IDCによると同9.8%減となっている。この減少は、2020年の初めに中国のPC関連工場が新型コロナウイルス感染症の流行によって閉鎖し、サプライチェーンと製造に混乱が生じたことに主に起因する。

 世界各地でテレワークへの転換を余儀なくされPCの需要が高まっているにもかかわらず、こうしてPCの出荷台数は急減した。IDCのリン・ファン氏は「新型コロナウイルス感染症が需要を高めると同時に、供給量を下げる要因にもなっている」と説明する。特に需要が高まっているのは、自宅で仕事をするためのノートPCだという。

PC需要は増え続けるのか

ITmedia マーケティング新着記事

news081.jpg

デジタルネイティブ世代の過半数は「消費にも自己表現」を意識――電通デジタル調査
コロナ禍でデジタルネイティブの消費行動や価値観が変化しているようです。

news044.jpg

企業SNSが炎上する理由 SDGs観点で考えてみると?
業務でSNSアカウント運用を担当している人に向け、SDGsの観点から、役立つノウハウをお伝...

news121.jpg

Z世代の情報源はSNSが断トツ、ただし信用度ではテレビ番組/CMに軍配――ネオマーケティング調査
1996〜2015年生まれの「Z世代」は何を情報源としているのでしょうか。