2020年06月12日 05時00分 公開
特集/連載

時代遅れの「T1/E1」回線を今あえて使う3つのメリット鍵になるのは信頼性

T1回線とE1回線は古い技術だが、インターネット回線はない3つのメリットがある。それを具体的に紹介する。

[Kevin Tolly,TechTarget]

関連キーワード

データ通信


 インターネットをウサギに例えるなら、通信規格の「T1」と「E1」に準拠した回線はカメのような存在だ。データ伝送速度は、T1回線は1.544Mbps、E1回線は2.048Mbpsで、格安のインターネット回線には速度では太刀打ちできない。ただしレガシーな専用線サービスであるT1/E1回線には、インターネット回線よりも優れている点がある。アプリケーションによっては特殊な要件がある可能性もあるため、企業はT1/E1回線について知っておく必要がある。

 T1/E1回線は、一言で言えば専用線だ。T1回線は北米、E1回線はヨーロッパを中心に使用されている。T1/F1回線は、一般的なインターネット回線とは異なる魅力的な特性がある。T1/E1回線のメリットを詳しく見てみる。

メリット1.高いセキュリティ

 企業は、インターネットでVPNなどの暗号化技術を利用することはできる。T1/E1回線は専用線の性質上、公共のインターネットよりもセキュリティを確保しやすい。他のユーザー企業と共有しないため、データがコピーされたり、改ざんされたりする可能性は極めて低い。データ伝送速度よりセキュリティが重要なアプリケーションでは、T1/E1回線が解決策になる可能性がある。

メリット2.パケットロスがなく一定した遅延

ITmedia マーケティング新着記事

news072.jpg

超リッチなイーロン・マスク氏の「言論の自由」は、あなたのそれと同じなのか?
Twitter買収の大義名分とされる「言論の自由」。しかし、同じことを語っているつもりでも...

news204.jpg

新卒の営業職が仕事をやりたくない時期、最多は「5月」 ―― RevComm調査
新卒営業社員は5月に最初の「壁」を感じるようです。

news069.jpg

「メタバース」でどうやってもうけるの? Meta(旧Facebook)が考える収益化への道
Metaの中核をなすメタバースプラットフォームのマネタイズ計画が明確になりつつある。高...