2020年04月02日 16時30分 公開
特集/連載

「VPN」はなぜ昔も今もこの先も変わらずに必要なのか特選プレミアムコンテンツガイド

長年の間変わらずに利用されてきたVPN。実践が広がるテレワークでも必須と言って過言ではない。VPNのこれまでの進化を振り返るとともに、今後も必要とされ続ける理由を考察する。

[TechTargetジャパン]
ダウンロードはこちら

 新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)への感染予防策としてだけでなく、業務効率の改善や多様な働き方の実践、交通機関の混雑解消など、いまやさまざまな理由でテレワークが推奨されるようになった。テレワークを実践するにはそのためのIT環境を整備する必要がある。通信の暗号化によって社内の業務システムに安全に接続するための「VPN」(仮想プライベートクラウド)は、そのための最低限のITだと言える。

 VPNは企業のネットワークを保護する技術として長年利用されてきた。いわゆる“枯れた技術”だからといって、VPNは今後必要がなくなる技術というわけではない。リモートワーク導入やクラウドサービス利用の広がりによって、むしろ今後さらにその重要性が高まると考えられる。

 本資料は、VPNのこれまでの進化を振り返るとともに、これからもVPNが必要とされる理由を考える。

プレミアムコンテンツのダウンロードはこちら

ALT ダウンロードはこちら

ITmedia マーケティング新着記事

news148.jpg

コロナ禍で「たすけあいの意識」が高まったと回答した人が66.9%――こくみん共済 coop調査
コロナ禍の意外な効用? 人と人との「たすけあい」の気持ちが強くなっているという調査...

news056.jpg

企業コミュニケーションの「ニューノーマル」を語ろう
マーケティングやPRの従事者は今、かつてない難問を突きつけられている。「3密」回避など...

news051.jpg

ミレニアル世代・Z世代の離職意向が低下、コロナ禍を機に精神的健康も改善――Deloitte調査
世界各国のミレニアル・Z世代約2万7500人を対象にした年次調査。今回は新型コロナウイル...