2020年03月19日 16時30分 公開
特集/連載

特選プレミアムコンテンツガイド「iPhoneは絶対に安全」だと思ってはいけない理由

比較的安全なOSだと言われる「iOS」。だが「絶対に安全」だとは限らない。定期的に脆弱性が発見されることもあり、セキュリティ対策は不可欠だ。iOSや「iPhone」を脅威から守り、安全に利用するには。

[TechTargetジャパン]
ダウンロードはこちら

 AppleのモバイルOS「iOS」を「比較的安全なOSだ」と見なしてきたセキュリティ専門家は少なくない。ただし油断は禁物だ。iOSの脆弱(ぜいじゃく)性は定期的に見つかっている。iOSを搭載し、モバイルデバイス市場で高いシェアを誇るスマートフォンの「iPhone」は、攻撃者にとっても格好の的となっている。

 アプリケーションの利用にも注意が必要だ。サードパーティーのiOS用アプリケーションには、たびたび脆弱性の存在が判明している。その半面で、iOSは前述のような“安全神話”からか、もしくはセキュリティ製品がそこまで豊富なわけではないからか、クライアントOSとして広く使われている「Windows」と比べるとセキュリティ対策が後手に回りがちだ。

 本資料では、過去に見つかったiOS関連の脆弱性を振り返り、iOSやiPhoneのセキュリティ対策における“落とし穴”について説明する。

プレミアムコンテンツのダウンロードはこちら

ALT ダウンロードはこちら

ITmedia マーケティング新着記事

news143.jpg

Google トレンドで探る新型コロナウイルスに関連する検索動向
新型コロナウイルスの脅威が高まる中、国内の関心はどのように移り変わっているのか。「G...

news113.jpg

新型コロナウイルス感染拡大に関する不安 「経済への打撃」が「多くの死者が出ること」を上回る
McCann Worldgroupが世界14カ国で実施した意識調査の結果、政府の対応体制が「整っている...