2020年05月08日 16時30分 公開
特集/連載

「Windows 7」が愛され続けた理由と“未来のWindows”特選プレミアムコンテンツガイド

使い勝手の良いOSとして広く受け入れられた「Windows 7」。長く愛された理由を振り返りつつ、「Windows 10」への移行に伴う懸念点やWindowsの今後の行方を考える。

[TechTargetジャパン]
ダウンロードはこちら

 2020年1月14日にMicrosoftによる延長サポートが終了した「Windows 7」。このOSを支持する声は根強く、Microsoftが延長サポート終了後の最長3年間、「緊急」または「重要」なセキュリティ更新プログラムを提供する「拡張セキュリティ更新プログラム」という“延命策”を用意するほどだ。だがセキュリティやアプリケーションの互換性を考慮すれば、いずれは同社が“最後のOS”になると明言している「Windows 10」に移行しなければならない。

 なぜWindows 7は幅広い支持を獲得できたのか。本資料はその理由を整理しつつ、Windows 7からWindows 10に移行するとどのようなメリットと懸念があるのか、さらに「Windows」は今後どのようなOSになっていくのかなどを紹介する。

プレミアムコンテンツのダウンロードはこちら

ALT ダウンロードはこちら

ITmedia マーケティング新着記事

news137.jpg

米大統領選を巡る「アプリ対決」のゆくえ 「Trump 2020」 vs. 「Vote Joe」と「TikTok」 vs. 「Triller」
米国では2020年月の大統領選挙を前に選挙戦がますます活発化しています。関連するアプリ...

news143.jpg

店舗の滞在時間が減少、「20分未満」が約1.5倍に――凸版印刷とONE COMPATHが5万人買い物調査
電子チラシ「Shufoo!」を利用する全国の男女5万人を対象に実施した買い物に関する意識調...

news002.jpg

好意度と購入意向を10倍以上にした「局所的熱狂」をどう生み出すか
成功する広告は他と何が違うのか。マーケターが押さえておくべき新しい広告戦略の定石と...