2020年05月08日 16時30分 公開
特集/連載

「Windows 7」が愛され続けた理由と“未来のWindows”特選プレミアムコンテンツガイド

使い勝手の良いOSとして広く受け入れられた「Windows 7」。長く愛された理由を振り返りつつ、「Windows 10」への移行に伴う懸念点やWindowsの今後の行方を考える。

[TechTargetジャパン]
ダウンロードはこちら

 2020年1月14日にMicrosoftによる延長サポートが終了した「Windows 7」。このOSを支持する声は根強く、Microsoftが延長サポート終了後の最長3年間、「緊急」または「重要」なセキュリティ更新プログラムを提供する「拡張セキュリティ更新プログラム」という“延命策”を用意するほどだ。だがセキュリティやアプリケーションの互換性を考慮すれば、いずれは同社が“最後のOS”になると明言している「Windows 10」に移行しなければならない。

 なぜWindows 7は幅広い支持を獲得できたのか。本資料はその理由を整理しつつ、Windows 7からWindows 10に移行するとどのようなメリットと懸念があるのか、さらに「Windows」は今後どのようなOSになっていくのかなどを紹介する。

プレミアムコンテンツのダウンロードはこちら

ALT ダウンロードはこちら

ITmedia マーケティング新着記事

news148.jpg

生活者視点から見たDX 受容層43.1%、拒否層12.5%――日本IBM調査
「IBM Future Design Lab.」の調査によると今後、DXの波は産業の場から生活の場へと拡張...

news146.jpg

マーケティングオートメーション(MA)を導入しない理由1位は4年連続で「高いから」――Mtame調査
2017年から続く「マーケティングオートメーション意識調査」の2020年版の結果です。

news045.jpg

「ファッションテック」から「3密回避」まで データによる価値創造と課題解決の考え方
気象データを活用してファッションコーデを提案するサービスをデジタルエージェンシーの...