2020年05月08日 16時30分 公開
特集/連載

「Windows 7」が愛され続けた理由と“未来のWindows”特選プレミアムコンテンツガイド

使い勝手の良いOSとして広く受け入れられた「Windows 7」。長く愛された理由を振り返りつつ、「Windows 10」への移行に伴う懸念点やWindowsの今後の行方を考える。

[TechTargetジャパン]
ダウンロードはこちら

 2020年1月14日にMicrosoftによる延長サポートが終了した「Windows 7」。このOSを支持する声は根強く、Microsoftが延長サポート終了後の最長3年間、「緊急」または「重要」なセキュリティ更新プログラムを提供する「拡張セキュリティ更新プログラム」という“延命策”を用意するほどだ。だがセキュリティやアプリケーションの互換性を考慮すれば、いずれは同社が“最後のOS”になると明言している「Windows 10」に移行しなければならない。

 なぜWindows 7は幅広い支持を獲得できたのか。本資料はその理由を整理しつつ、Windows 7からWindows 10に移行するとどのようなメリットと懸念があるのか、さらに「Windows」は今後どのようなOSになっていくのかなどを紹介する。

プレミアムコンテンツのダウンロードはこちら

ALT ダウンロードはこちら

ITmedia マーケティング新着記事

news046.jpg

「幸福感を広めてほしい」 コロナ禍で政府への信頼が低下する一方、ブランドへの期待感が高まる
McCann Worldgroupが「文化と新型コロナウイルスについての真実 第9回調査」の結果を発...

news118.jpg

今ツイートした人に広告配信 電通デジタルと電通が「リアルタイムキーワードターゲティング」を提供開始
広告主が配信対象とするツイートのターゲティング期間を短縮してタイムラグを解消。今ま...

news094.jpg

ヤフーとLINEの経営統合でコマース・広告はどう変わるのか
新生Zホールディングスの戦略についてコマースと広告に関わるポイントをまとめました。