2020年06月12日 09時45分 公開
特集/連載

新型コロナ便乗の「ランサムウェア」攻撃は病院にとって脅威となるのかコロナ禍の「ランサムウェア」対策【後編】

新型コロナウイルス感染症に乗じるランサムウェア攻撃が増加し、医療機関や地方自治体の活動を妨げることを専門家は懸念する。その背景や想定される被害はどのようなものか。

[Alexander Culafi,TechTarget]

 ランサムウェア(身代金要求型マルウェア)攻撃は、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の対策に悪影響を及ぼす恐れがある。「今のような状況で病院がサイバー攻撃を受けた場合のダメージは大きく、人命に関わりかねない」と、セキュリティベンダーBitSight Technologiesのバイスプレジデントであるジェイク・オルコット氏は述べる。「病院は既に手いっぱいのため、業務に混乱が生じれば壊滅的な状況を招くことになる」(オルコット氏)

 「複数の地方自治体がランサムウェア攻撃に見舞われており、このような攻撃がもたらす混乱は計り知れない」と、通信機器ベンダーBlackBerryでサイバーセキュリティのテクニカルディレクターを務めるキャンプベル・マリー氏は述べる。地方自治体や医療機関の情報発信能力に影響が及べば、新型コロナウイルス感染症がさらに拡大することになる。

医療機関を標的としたランサムウェア攻撃の実情と対策

ITmedia マーケティング新着記事

news072.jpg

超リッチなイーロン・マスク氏の「言論の自由」は、あなたのそれと同じなのか?
Twitter買収の大義名分とされる「言論の自由」。しかし、同じことを語っているつもりでも...

news204.jpg

新卒の営業職が仕事をやりたくない時期、最多は「5月」 ―― RevComm調査
新卒営業社員は5月に最初の「壁」を感じるようです。

news069.jpg

「メタバース」でどうやってもうけるの? Meta(旧Facebook)が考える収益化への道
Metaの中核をなすメタバースプラットフォームのマネタイズ計画が明確になりつつある。高...