ノートPCより「デスクトップPC」を買うべき理由 価格、周辺機器、修理面で考察開発者には「ノートPC」ではなく「デスクトップPC」の理由【前編】

ノートPCとデスクトップPCのどちらを選ぶべきなのか。持ち運びのしやすさを考慮するとノートPCを選びたくなるが、冷静に用途を考えると実はデスクトップPCの方が適切であることも少なくない。選択の視点を示す。

2020年06月14日 09時30分 公開
[Cameron McKenzieTechTarget]

関連キーワード

ビジネスPC


 企業が新入社員に“誤った電子機器”を支給することに、私はいつも驚かされる。開発スタッフの新人には、高価で高性能なノートPCの代わりに、デスクトップPCを貸与すべきだ。モバイルワーク用のPCが必要な場合は、手頃な価格のノートPCを貸与すればよい。

 開発者にはノートPCよりデスクトップPCの方が適していると、私は考えている。理由は幾つもある。以下の観点から、開発者はデスクトップPCを使う方が理にかなっている。

  1. 価格と処理速度のバランス
  2. 周辺機器の充実度
  3. アップグレードと修理の容易さ
  4. エルゴノミクスの重視度(後編で紹介)
  5. リソース構成の多様さ(後編で紹介)
  6. セキュリティ確保の容易さ(後編で紹介)

理由1.価格と処理速度のバランス

ITmedia マーケティング新着記事

news183.jpg

TikTokマーケティングの最適解へ スパイスボックスが縦型動画クリエイター集団M2DKと業務提携
スパイスボックスが縦型動画クリエイター集団であるM2DKと業務提携。生活者に向けて訴求...

news145.jpg

3D空間メディアのマーケティング効果を測る新指標「ブランドイマーシブタイム」とは?
電通と電通グループ、電通デジタルは、3D空間メディアが与えるマーケティング効果を測る...

news098.jpg

米炭酸飲料市場2位に躍進――ドクターペッパーがペプシ超えを成し遂げたすごいマーケティング【前編】
140年の歴史を持つ炭酸飲料ブランドのDr Pepperは、いかにして米国でナンバー2のソフトド...