2020年05月15日 05時00分 公開
特集/連載

コロナ禍の“トイレットペーパーパニック”を「ブルウィップ効果」で説明するパンデミックが招くサプライチェーンへの影響【前編】

新型コロナウイルス感染症の拡大によって世界各地で買いだめの問題が生じている。その結果、一部の商品の流通に「ブルウィップ効果」が生じる可能性があるという。どういうことなのか。

[George Lawton,TechTarget]

 専門家は、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の拡大が広範囲に引き起こす「ブルウィップ効果」に企業が備える必要性を警告している。ブルウィップ効果とは、需要の変動がサプライチェーンの上流に上るにつれて増幅されることだ。

 パンデミック(感染症の世界的な流行)への対処に必要となるさまざまな商品だけでなく、トイレットペーパーのようにパンデミックとは明白な関係がない日用品でさえ売り上げが大幅に伸び、サプライチェーンを大混乱に陥れている。世界中の店の商品棚が空になり、中には買いだめに走る客のパニックをなだめるために配給制を導入する店舗もある。

 消費者の買いだめ行動は、短期的には売り上げ増加に直結する可能性がある。だがメーカーからサプライヤーに至るサプライチェーンでは、トイレットペーパー、消毒液、漂白剤といった生活必需品の原材料を過剰生産してしまうという現実的な問題を生み出す恐れがある。

写真1 写真1 トイレットペーパーの商品棚が空になった英国の大手スーパーマーケットチェーンTesco《クリックで拡大》

“トイレットペーパーパニック”から見える「ブルウィップ効果」

ITmedia マーケティング新着記事

news045.jpg

「ファッションテック」から「3密回避」まで データによる価値創造と課題解決の考え方
気象データを活用してファッションコーデを提案するサービスをデジタルエージェンシーの...

news153.jpg

脳波計測で判明 Twitterを使いながら番組を見る人は満足度が高い――Twitter Japan調査
脳波を活用した感性把握技術を活用して「テレビとTwitter」の関係について分析しています。

news058.jpg

旅行業界のデジタルシフトと「Go To トラベル」後の課題 びゅうトラベルサービスに聞く
列車旅の拡大活性化を目指してデジタルシフトを進めるJR東日本グループの旅行会社びゅう...