2019年07月19日 05時00分 公開
特集/連載

システム更新でアクセシビリティー向上SKILCRAFT製造元が「Oracle ERP Cloud」を導入 視覚障害者がより働きやすく

自動化によって仕事を奪うのではなく、守りたい――。多数の視覚障害者を雇用するIBVIの「Oracle ERP Cloud」導入事例から、同社が重視したビジネスプロセス改善のポイントに迫る。

[Patrick Thibodeau,TechTarget]
画像 Industries for the Blind and Visually Impaired(IBVI)の作業現場《クリックで拡大》

 本稿で取り上げるのは、一般的なERP(統合業務)システムのアップグレードとは違う話だ。Industries for the Blind and Visually Impaired(IBVI)は最新のERPシステムを必要としていた。IBVIにはユニークな要件があった。同社は効率を高めたいとは考えているが、従業員から仕事を奪うやり方は望んでいなかった。

 IBVIは米国ウィスコンシン州を拠点とする製造企業で、多様な製品を製造している。中でも特に有名な製品が「SKILCRAFT」ブランドのボールペンだ。同製品は米国政府向けに製造されている。このボールペンには極端な温度に耐えられる部品が用いられ、毎年数百万本単位で製造されている。

 同社の使命の一つは社名が示す通り、視覚障害者の雇用だ。同社にとっての成功の尺度は、より多くの人を雇うことにある。同社のテクノロジーは、オフィスでも作業現場でも従業員の仕事を支援する。

 IBVIは、簡単に相互連携できない複数のシステムから成る同社のERPシステムに不便を感じていた。処理は時間がかかり、非効率だった。例えば従業員の住所を変更するだけで、4つの異なるシステムにログインする必要があった。

 ERPシステムのアップグレードが必要だったIBVIは、システムインテグレーター(SIer)に相談した。

目的が明確だったERPのアップグレード

 IBVIのERP刷新プロジェクトに関心を持ったSIer数社が、IBVIの工場ツアーに招待された。ツアーの案内役は、IBVIの最高イノベーション責任者(CIO)を務めるエマニュエル・ボヴァキス氏だ。

 ツアーに参加したSIer各社に対して、ボヴァキス氏はプロジェクトの目標を次のように語った。「この現場を見てほしい。そして、ここにいる従業員の立場には影響させないでほしい。今回のERPシステムの目的は、従業員が仕事をしやすくすることであり、会社の効率を求めることではない」

 ボヴァキス氏は次のように続けた。「非営利法人の役割は、より多くの人々の仕事を確保することだ。会社の効率を上げることではない。仕事を自動化するのではなく、視覚障害者向けにもっと多くの仕事を生み出すことが目的だ」

ERPシステムとして「Oracle ERP Cloud」を導入

ITmedia マーケティング新着記事

news023.jpg

Cookieによる効果測定に不足を感じる広告宣伝担当者が増加――サイカ調査
広告配信などにおけるCookie利用の制限が検討されています。一方で、企業の広告宣伝担当...

news018.jpg

「TikTok Ads」2019年の振り返りと2020年の展望
もう「踊ってみた」動画だけではない。急成長する広告配信プラットフォーム「TikTok Ads...

news112.jpg

「メルカリハイ」の謎を解く――4人に1人が100円以下の利益でもフリマアプリに出品
なぜ人は100円以下の少額利益でもフリマアプリに出品してしまうのか。謎を解く鍵は「承認...