2018年08月21日 05時00分 公開
特集/連載

わが社がクラウドERPをやめた理由ある中規模製造業者で本当にあった話(1/2 ページ)

Dalsin Industriesは古いEpicor ERPをPlex SystemsのクラウドERPに置き換えようとした。だが、自社のニーズにクラウドは適していないと分かり、Epicorのオンプレミスシステムに戻した。

[Jim O'Donnell,TechTarget]

 Dalsin IndustriesはEpicor Softwareの旧型ERPシステムをアップグレードする必要があった。クラウドへの移行が理想的なオプションだと思えた。だが、ロマンス小説のどんでん返しのように、クラウドとの関係はうまくいかなかった。そして、元のEpicorオンプレミスシステムに戻った。

 同社はクラウドに移行することでERPシステムを管理するストレスから幾分解放されると考えていた。更新をリモートで自動実行できるためだ。だが、Dalsin IndustriesでITビジネスアナリストを務めるジェフ・ダルシン氏によると、クラウドでは予想外の問題が発生し、オンプレミスのEpicor ERPシステムに戻ることで、システムに対する制御を取り戻すことができた。

きっかけは新工場設立

 Dalsin Industriesは米ミネソタ州のブルーミントンに本拠を置く板金製作の委託製造業者だ。同社は、長い間、Epicorの「Vantage ERP」システムのユーザーだった。だが、2012年、新しいバージョンへのアップグレードが必要だと判断した。それは米フェニックスに工場を新設したときのことだったとダルシン氏は振り返る。

       1|2 次のページへ

ITmedia マーケティング新着記事

news095.jpg

コト売り企業とモノ売り企業のレジリエンス(回復力)の違い――Zuora Japan調査
Zuora Japan2020年の「サブスクリプション・エコノミー・インデックス(SEI)」レポート...

news148.jpg

生活者視点から見たDX 受容層43.1%、拒否層12.5%――日本IBM調査
「IBM Future Design Lab.」の調査によると今後、DXの波は産業の場から生活の場へと拡張...

news146.jpg

マーケティングオートメーション(MA)を導入しない理由1位は4年連続で「高いから」――Mtame調査
2017年から続く「マーケティングオートメーション意識調査」の2020年版の結果です。