2018年08月21日 05時00分 公開
特集/連載

ある中規模製造業者で本当にあった話わが社がクラウドERPをやめた理由 (1/2)

Dalsin Industriesは古いEpicor ERPをPlex SystemsのクラウドERPに置き換えようとした。だが、自社のニーズにクラウドは適していないと分かり、Epicorのオンプレミスシステムに戻した。

[Jim O'Donnell,TechTarget]

 Dalsin IndustriesはEpicor Softwareの旧型ERPシステムをアップグレードする必要があった。クラウドへの移行が理想的なオプションだと思えた。だが、ロマンス小説のどんでん返しのように、クラウドとの関係はうまくいかなかった。そして、元のEpicorオンプレミスシステムに戻った。

 同社はクラウドに移行することでERPシステムを管理するストレスから幾分解放されると考えていた。更新をリモートで自動実行できるためだ。だが、Dalsin IndustriesでITビジネスアナリストを務めるジェフ・ダルシン氏によると、クラウドでは予想外の問題が発生し、オンプレミスのEpicor ERPシステムに戻ることで、システムに対する制御を取り戻すことができた。

きっかけは新工場設立

 Dalsin Industriesは米ミネソタ州のブルーミントンに本拠を置く板金製作の委託製造業者だ。同社は、長い間、Epicorの「Vantage ERP」システムのユーザーだった。だが、2012年、新しいバージョンへのアップグレードが必要だと判断した。それは米フェニックスに工場を新設したときのことだったとダルシン氏は振り返る。

       1|2 次のページへ

ITmedia マーケティング新着記事

news112.jpg

「メルカリハイ」の謎を解く――4人に1人が100円以下の利益でもフリマアプリに出品
なぜ人は100円以下の少額利益でもフリマアプリに出品してしまうのか。謎を解く鍵は「承認...

news049.jpg

買い物場所の使い分け調査2019――日本能率協会総合研究所
コンビニエンスストア、ドラッグストア、100円ショップなど業態別利用実態と「そこで買う...

news060.jpg

セブン&アイが自社にデータドリブンカルチャーを醸成するために使う「Tableau Blueprint」とは?
データドリブン組織を実現するための標準的な計画手順、推奨事項、ガイドラインをまとめ...