2018年08月21日 05時00分 公開
特集/連載

ある中規模製造業者で本当にあった話わが社がクラウドERPをやめた理由 (1/2)

Dalsin Industriesは古いEpicor ERPをPlex SystemsのクラウドERPに置き換えようとした。だが、自社のニーズにクラウドは適していないと分かり、Epicorのオンプレミスシステムに戻した。

[Jim O'Donnell,TechTarget]

 Dalsin IndustriesはEpicor Softwareの旧型ERPシステムをアップグレードする必要があった。クラウドへの移行が理想的なオプションだと思えた。だが、ロマンス小説のどんでん返しのように、クラウドとの関係はうまくいかなかった。そして、元のEpicorオンプレミスシステムに戻った。

 同社はクラウドに移行することでERPシステムを管理するストレスから幾分解放されると考えていた。更新をリモートで自動実行できるためだ。だが、Dalsin IndustriesでITビジネスアナリストを務めるジェフ・ダルシン氏によると、クラウドでは予想外の問題が発生し、オンプレミスのEpicor ERPシステムに戻ることで、システムに対する制御を取り戻すことができた。

きっかけは新工場設立

 Dalsin Industriesは米ミネソタ州のブルーミントンに本拠を置く板金製作の委託製造業者だ。同社は、長い間、Epicorの「Vantage ERP」システムのユーザーだった。だが、2012年、新しいバージョンへのアップグレードが必要だと判断した。それは米フェニックスに工場を新設したときのことだったとダルシン氏は振り返る。

       1|2 次のページへ

ITmedia マーケティング新着記事

news093.jpg

SaaS企業として驚異の継続率97% ServiceNowが考える、CX向上にDXが不可欠である理由
「ガートナー カスタマー・エクスペリエンス&テクノロジ サミット 2019」におけるServic...

news134.jpg

「Tableau 2019.2」発表、コミュニティーからリクエストが多かった新機能を多数追加
位置情報に基づく意思決定を支援するベクターベースのマッピング機能も。