2019年05月22日 05時00分 公開
特集/連載

CIOは答えを見つけられるか「ERPデジタルトランスフォーメーション」の成否を分ける7つの重要問題

本稿では、ERPデジタルトランスフォーメーションに乗り出すに当たって答えを見つけなければならない重要な疑問をまとめた。変革が自社のビジネス目標に沿っているかどうかを確認してほしい。

[Eric Kimberling,TechTarget]

関連キーワード

ERP | CIO


画像

 いよいよ最高情報責任者(CIO)がERP(統合業務)システムを通じたデジタルトランスフォーメーション(以下、ERPデジタルトランスフォーメーション)に乗り出す時期のようだ。デジタルトランスフォーメーションは、デジタル時代に適応するために、ビジネスや企業風土を変革することを指す。

 テクノロジーはここ数年で大きく進化している。ERPパッケージやクラウドERP、AI(人工知能)、IoT(モノのインターネット)など、新たなテクノロジーの進歩によって、企業業績の飛躍的な向上が可能になっている。これまでのERPシステム導入は、テクノロジーをアップグレードして、バックオフィスのシステムを置き換えるか、効率を高めることに主な重点が置かれていた。これに対して、ERPデジタルトランスフォーメーションでは、新しいビジネスモデルを作り出すことが重視される。

 ERPデジタルトランスフォーメーションがもたらし得る成果は非常に大きい。だが明確な戦略と指針がなければ、テクノロジーの多数のオプションに混乱し、圧倒される可能性がある。さらに、これまでのERPシステム導入と同様、ERPデジタルトランスフォーメーションの成功には、テクノロジー戦略と包括的ビジネス戦略をそろえることが不可欠だ。

 本稿で挙げる7つの疑問の答えを見つければ、成功を確実にするために必要な連携を生み出すのに役立つ可能性がある。

1.自社が新しいテクノロジーから得たいと考えていることは何か

ITmedia マーケティング新着記事