2020年06月26日 05時00分 公開
特集/連載

なぜ“AWS縛り”ではなく「マルチクラウド」が選ばれるのかAWSのマルチクラウド戦略【前編】

ベンダーロックインの防止やコスト最適化などの観点から「マルチクラウド」を採用するユーザー企業は少なくない。AWSやMicrosoft、Googleといった企業は、この流れにどう戦略を立てているのか。

[George Lawton,TechTarget]

 企業ITの分野では複数のクラウドを併用する「マルチクラウド」の採用が進んでいる。Amazon Web Services(AWS)にはクラウドサービスと、ユーザー企業がオンプレミスのインフラに構築したプライベートクラウドを組み合わせる「ハイブリッドクラウド」を実現させた功績がある。ただし同社はこれまで、ハイブリッドクラウドの構成要素として、他社のクラウドサービスを含めることは想定していなかった。

 AWSにとって、マルチクラウドの普及はユーザー企業がAWSのクラウドサービスを導入しやすくする効果だけでなく、AWSの収益源であるクラウドサービスから他社のクラウドサービスにユーザー企業が簡単に流れる恐れも秘めている。本連載は前中後編にわたり、AWSのマルチクラウド戦略を掘り下げる。

 IT管理ベンダーFlexera Softwareが2019年に実施した調査(回答者数786人)によると、84%の回答企業がマルチクラウドを採用しており、平均5種類のクラウドを使用している。

マルチクラウドが選ばれる理由

ITmedia マーケティング新着記事

news150.jpg

「新しい出会いや人とのつながりを大切に感じるようになった」人が7割――Sansan調査
新型コロナウイルスの影響で、これまでのように気軽に出会えないことが、ビジネスパーソ...

news050.jpg

TableauにSalesforce Einstein Analyticsが完全統合してこれから変わること
セールスフォース・ドットコムとTableau Softwareは両社の製品統合の詳細について、いよ...

news174.jpg

Cookieによるユーザー行動分析を日常的に実施する広告宣伝担当者が10.5%減――サイカ調査
企業の広告宣伝担当者290人に聞いた「Cookie等を用いたユーザー行動分析の利用実態調査」...